スポンサードリンク

Top Page > モンサンミッシェルの話 > モンサンミッシェルへ歩いていこう。
さあ、いざモンサンミッシェルへ。

その前に。。。

モンサンミッシェルを訪れる際、できれば、
島外のホテルに泊まって、自分の足で向かいましょう

島内のホテルもありますし、日帰りバスツアーなんかもありますが、
「モンサンミッシェル見学」に主眼を置くのは勿体ない。

なぜかというと、
"モンサンミッシェルは遠くから眺めてなんぼ"だから。

いきなりバスで傍までたどり着いてしまうと、ほんと勿体ない。

その辺はこれから書いていくとして、
とりあえず、歩いてモンサンミッシェルへ向かいましょう。

モンサンミッシェル6
モンサンミッシェルへの道のりは、近くのホテルからでも結構遠くて、
自分の泊まったホテルからは片道約2km。

写真中央の道路の右側か左側をてくてく歩いていくことになります。
(今は工事の関係で、道も変わっていると思いますが。)

モンサンミッシェル1
うお!見えた!
遥か遠くに見えるモンサンミッシェルの姿。

モンサンミッシェル2
河原に下りてみた。
真正面に徐々に大きくなるモンサンミッシェル。

テレビで見たあれだなー

テレビでよく見る大潮の日の「周りを水に囲まれた海に浮かぶ島」
のイメージの面影がちょっと感じられた気が。

そして。。。

モンサンミッシェル4
どーん。

日本人の憧れの世界遺産・モンサンミッシェルがまさに目の前に。
あー、目の前に見えるのがあの有名なモンサンミッシェルか。。。

やっぱりな雰囲気があるなー
この小さな島の上にそびえ立つこの修道院の神秘的な佇まいは、
他の有名な城や修道院と比べても群を抜いています。


はい、ここです。
ここがモンサンミッシェルのクライマックス。

え?
まだモンサンミッシェルにたどり着いてもいないのに?

でも、そうなんです。
モンサンミッシェルは、遠くにぽつんと見え始めて、
一歩一歩徐々に大きくなってくるその姿、そこがクライマックス。

実際、テレビとか雑誌とかで見る「モンサンミッシェルの風景」って、
大概、かなり遠くからの遠景でしょ?
モンサンミッシェルを間近から撮ったイメージ写真ってそんなないでしょ?

だだっ広い干潟の中にその荘厳な姿が佇む。。。
それが、神秘的な風景を生むわけです。

だから、自分の足で向かいましょう。
2kmって結構遠くて萎えるけど、それでも自分の足で向かいましょう。

ちなみに、「自分の足」で、と書きましたが、自転車はアリです
ていうか、むしろおすすめ
(2日目は自転車使いました。)

歩くよりめちゃめちゃ楽。
島外のホテルでは自転車を貸し出しているところが多いので、
自転車乗れる方は是非使ってみては。

おすすめ度:A
(遠くから見るモンサンミッシェルの神秘的な雰囲気は
建造物としては、群を抜いています。一見の価値あり。)

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ