スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ブルーモスクと、ちょっとした注意事項。Top Page > イスタンブールの見どころ > ブルーモスクと、ちょっとした注意事項。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    イスタンブール観光でまず初めに向かったのがブルーモスク

    ブルーモスク4

    世界で唯一、6本のミナレット(尖塔)を持つモスクであり、
    内部は数万枚のイズニク製の青いタイルで飾られていることから、
    ブルーモスクとも呼ばれています。

    ただ、一言に「ブルーモスク」といっても、世界には「ブルーモスク」と呼ばれる建物が
    こんなにたくさんあるらしく。。。

    1, ヘラートの金曜モスク - アフガニスタン・ヘラート
    2, ハズラト・アリー廟 - アフガニスタン・マザーリシャリーフ
    3, ブルーモスク (エレバン) - アルメニア・エレバン
    4, ブルーモスク (タブリーズ) - イラン・タブリーズ
    5, アクスンクル・モスク - エジプト・カイロ
    6, スルタンアフメト・モスク - トルコ・イスタンブール
    7, スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク - マレーシア・シャーアラム
    8, キング・アブドゥッラー・モスク - ヨルダン・アンマン

    まあ、確かに英語で言えば、青いモスクは全部「ブルーモスク」だしね

    今回行ったのは6番目のスルタンアフメト・モスク。
    ガイドブックなんかには「スルタンアフメットジャーミィ」
    書かれていることが多いです。
    (「ジャーミィ」はトルコ語で「モスク」の意味)

    自分の中では、モスクというとアブダビのシェイクザイードモスクが印象深いですが、
    ブルーモスクは何てったって、
    世界文化遺産・「イスタンブールの歴史地区」のメインの一つだぜ

    きっとすごいに違いないぜ。

    ということでさっそく向かってみると、、、

    ブルーモスク1
    開いてなかった

    実は、このブルーモスク、入場時間が決まっていまして、
    入れるのは
    ①9:00-11:15
    ②12:45-14:00
    ③15:00-16:30
    の3回。
    (時期により若干変わる可能性あり。)

    2回目なんか、入場可能時間が1時間15分しかないですが、
    入るまでに行列に並ぶため、実は見学可能時間は結構タイト。

    周辺の見どころを先に回って時間調整するといいと思います。


    さて、ここでブルーモスクについて一つ小さな注意事項を。

    ブルーモスク11
    中庭に入口がありまして、その脇には上の案内ボードもそこに立っています。

    それを見た観光客が一杯並んでいるのですが、、、
    これは礼拝者専用入口です。

    ここから観光客が入れないなら、ここに案内ボード置くなよ

    ブルーモスク5
    正解の行列は、こちら。
    中庭を外に出たところです。

    ちなみに、イスタンブールはどこに行っても混んでいますが、
    行列のコントロールが全然きいていません
    列もすぐぐちゃぐちゃになるし、油断すると割り込んできます。

    いちいち腹立ててるときりがありませんが、
    割り込まれそうな時は、できれば強気で立ちふさがりましょう。

    ブルーモスク12
    途中から横から大量に人が入ってきて2列だった列が6列くらいになった。

    いちいちこんな割り込みに腹が立たなくなった自分が怖いわ

    ちなみに、トルコ人の名誉のために書いておくと、
    割り込んでくるのは西洋人やロシア人が多かった気がします。

    空気的に「この国ならいいや」とでも思うんでしょうね。

    トルコも今や観光大国なのだから、もうちょっと整備すればいいのにね。
    この辺が「ヨーロッパ」っていうより「近代的なアラブ」って感じやねんなー。。。
    (参考記事)ヨーロッパとアジアの架け橋・イスタンブール

    次回、ブルーモスクの内部についてです。
    ブルーモスクのおすすめ度は次回の記事にて。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ