スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > イスタンブールを一望!ガラタ塔。Top Page > イスタンブールの見どころ > イスタンブールを一望!ガラタ塔。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    このブログ恒例の世界のタワーシリーズ。
    イスタンブールの「タワー」といえば、新市街にあるガラタ塔です。

    ガラタ塔4

    タワー好きの自分にとっては何を置いても訪れなければならない場所

    ただ、実はこのガラタ塔、
    タワーといっても、石造りの9階立てで、高さはたったの66.9メートル

    ただ、この塔は丘の上にありまして、海抜では結構高いところにあります。

    ガラタ塔6
    こんな感じ。

    イスタンブールを一望できる絶景スポットと言っていいでしょう

    ただしこのガラタ塔、気を付ける点が2つ。

    ① スィルケジ駅から歩いて向かうと、結構きつい。
    ② 塔への入場を待つ間、かなり寒い。

    まず、①ですが、ガラタ塔は丘の上にあるわけで、
    スィルケジ駅から向かうと、急階段と急坂が待っています。

    だって、上の写真のところまで歩いて登るわけで↑

    階段や上り坂を避けたい人は、
    スィルケジ駅ではなく、メトロのシシハーネ駅から行く方がいいでしょう。

    そして、塔までたどり着いたそこにはやはり行列

    ガラタ塔5
    といっても、イスタンブールにも慣れてくると、ここの行列の人数自体は
    大したことありません。

    問題は、丘の上なのでとにかく冷たい風が吹きさらしなこと
    もう、ほぼ耳ちぎれるね。

    ダウンのフードをすっぽりかぶって「ひ~~」と呻きながら耐えるこの日本人夫婦をよそに、
    割と平然としている西洋人たち。
    寒さにも慣れっこなんだね、、、きっと。

    冬に行く場合は、かなり防寒に力を入れるか、早朝など行列に巻き込まれない
    時間を狙う方がいいでしょう。


    そして、ついに塔へ入場。
    「あー、風に吹かれないってなんて素敵なことなんや。。。」
    っていうあの時の"救われた感"は今も忘れられません

    展望台へは、エレベーターで上がれます
    (エレベーターを降りてから3階分ほど階段を上がりますが。)

    「エレベーターなんて当たり前やがな。」と思われるかもしれませんが、
    この種の石の塔って歩いて登らせるところが多いんだよね。
    例えば、プラハのカレル橋の橋塔とかもそうだった。。。


    そして、展望台からの景色。

    ガラタ塔2

    ガラタ塔1
    ヨーロッパ的な赤い屋根の街並みの向こうにはモスクの姿。
    何だか不思議な光景。

    まさにオリエンタルって感じですね。
    これぞイスタンブールの景色でしょう。


    ただ、展望台は吹きさらしなのに加え、通路が非常に狭いのですれ違うのも大変です。
    あまりゆっくり見られる雰囲気ではないのであしからず。

    おすすめ度:A(イスタンブールに来たならやっぱり見ておきたい景色。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ