スポンサードリンク

Top Page > ドバイのホテル > Ziqoo ドバイは、江副さんが手掛けていたらしい件。
久々にドバイネタ。

今週の週刊文春を読んでいたら、ドバイにあるホテル型アパートメント・
Ziqoo Dubai(ジクー・ドバイ)の話が載っていました。

Ziqoo Dubaiは2008年にドバイ初の日本人経営の宿泊施設として
オープンした、長期滞在にも対応できるホテル。

Ziqoo ドバイ

当時はドバイへの日本人駐在員がどんどん増えている時期で、
「駐在員や出張者の長期滞在用」というのが一つの売り。

日本人スタッフによる24時間対応や、日本式の大浴場があるなど、
一時期、各日本企業にも注目されたホテル。


で、今回なぜ週刊誌にZiqooの名前が出ていたかというと、
実はこのホテル、先日亡くなったリクルート創業者・江副浩正氏
復活を夢見て手掛けていた、という話。

このホテルを手掛けているのはスペースデザインという不動産会社で、
実質、江副さんが出資している会社。

当時は、大手ホテルチェーンではなく、全く聞きなれない"Ziqoo"という
ホテルが、日本初として参入してきたことに驚かされましたが、
その主は大物事業家・江副さんだったんですね。

ただ、記事によると、リーマンショックの影響もあって順調ではないようで。

スペースデザインの業績も、
08年決算では8600万円の黒字だったのが、09年には約26億円の赤字を計上。
昨年も約3億円の赤字、とのこと。


まあ、リーマンショックの影響も当然あったでしょうが、
このZiqoo Dubai、ホテルとしても自分の周りでは決して評判は良くなかったです。

とにかく立地が悪すぎる
ここまで立地の悪い大型ホテルも珍しいくらい。
ただでさえ狭い中にホテルのひしめくドバイでは、立地のいいホテルなんて
掃いて捨てるほどあります。
立地が悪い、というだけで、旅行ではあまりおすすめできません。

それに、ドバイはホテルのレベルが高い
2人で1万円も払えば、日本のそこらのホテルよりまともなホテルに泊まれます。
他のアラブの国なら、「日本のホテル」の安心感もアピールポイントになりますが、
ドバイではもしかするとそこらの先進国よりニーズが低いかも。

日本企業の出張者用としてもっと差別化を打ち出せないと、苦しい気がしますね。


それにしても、バブル崩壊当時にリクルートを窮地に追いやった不動産投資を
今度はドバイで行うとは、江副さんの不動産業への野望はすごいものがあったんですね。

以上、久々のドバイ小話でした。


スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ