スポンサードリンク

Top Page > イスタンブールの見どころ > タイルを見たけりゃ、リュステム・パシャ・ジャーミィ。
エジプシャンバザールのそばに、ひっそりとたたずむのが、
タイルで有名なリュステム・パシャ・ジャーミィ
(Wikipediaでは"リュステム・パシャ・モスク"となってます。)

リュステム・パシャ・ジャーミィ6

この近くにはイェニ・ジャーミィというもっとでっかいモスクがあって、
そっちの方が目立つのですが、ブルーモスクに既に行っていたもんで、
この日はあえて小さい方に行ってみることに。

このリュステム・パシャ・ジャーミィ、ネット上でもよく書かれていますが、
とにかく入口がめちゃくちゃわかりにくい

事前に知っていないとまず一発では見つからないでしょう。

ということで、入口への行き方を簡単に紹介しておきます。

リュステム・パシャ・ジャーミィ5
丸屋根が見える方向を目指して歩いていくと、商店街に入ります。
完全に地元のごちゃごちゃした商店街。

まずここに入り込んだ時点で、きっと大抵の人は、
「何か変なところに迷い込んでもーた」と思います。
でも、これが正しい道。

そして、入口がこれ↓

リュステムパシャジャーミィ入口

商店街の傍らに突如現れる暗い階段
これです。

「ここが入口だよ」と言われても疑ってしまいそうな怪しさ。
自分もこの階段が目に入ったのに、普通に通り過ぎました
行かれる方は是非お気を付けを。

もしそれでもわからない場合は、
近くの地元民に「リュステムパシャ」と言ってみましょう。
ここで迷う観光客が多いらしく、結構手慣れた感じで教えてくれます。

さて、階段を上っていくと、そこには一見、観光客が訪れるとは思えないほど、
ひっそり静かなモスク

リュステム・パシャ・ジャーミィ4
観光客もまばらで、物音一つしない静まり返った空間。

観光客がほとんどいない分、ブルーモスクのような大きなモスクより
ずっと荘厳な雰囲気

静かすぎて、写真撮るのも緊張したくらい。

リュステム・パシャ・ジャーミィ3
このモスクのタイルの中でも特に有名なのがこのチューリップタイル

このチューリップの赤色は、
現在の技術も持ってしても出せない色合いだそうで。

ちなみに、チューリップはトルコの国花。

ここにあるタイルはどれも本当に美しい。
タイルに興味のある方は是非訪れられるといいと思います。

そして、これほど「素のモスク」の雰囲気を感じられる観光スポットも珍しい。
それくらい、観光客がいません。

どこも人でいっぱいのイスタンブールでは穴場中の穴場でしょう。

おすすめ度:C
(基本的には地味なこじんまりとしたモスクなので、省略も可かと。
タイル好きな人か、素のモスクの雰囲気を感じたい人にはおすすめ。)


スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ