スポンサードリンク

Top Page > イスタンブールのグルメ > イスタンブールのグルメ①イスタンブールは魚がうまかった。
今回からはイスタンブールのグルメ編。

1回目は着いた初日に現地に駐在している友人が連れて行ってくれた
ボスポラス海峡沿いにあるRumelihisari Iskeleというシーフードレストラン。

Rumelihisari Iskele 5
こんな感じのとても小奇麗なレストラン。
ネットを見ても日本語では全く情報が出てこないので、
現地在住者ならではのチョイスなのだと思います。

ありがたや、ありがたや

そういえば「ルメリヒサル」といえば、ボスポラス海峡クルーズで海側から見た、
あのルメリ・ヒサル要塞の辺りだね。
海峡を行く!ボスポラス海峡クルーズ。

Rumelihisari Iskele 6
ちなみに、これが後日クルーズ船から見つけて撮った昼の外観。


Rumelihisari Iskele 4
中はこんな感じ。
イスタンブールではかなり高級な部類のお店だそうです。


で、肝心の料理なのですが、結論から書くと、
今回のイスタンブール旅行で食べた中で、一番うまかった食事はここ。

ここで学んだこと。
イスタンブールの魚はうまい

夢中になってうっかり途中から写真を撮るのを忘れていましたが
初めの方のスープとスターターの写真だけ載せときます。

Rumelihisari Iskele 2
スターター。うまい!

Rumelihisari Iskele 3
白身魚のシチュー的なやつ。うまい!

料理もさることながら、魚自体がうまいことが素人にもわかる。
海外の魚って大概、日本で食べるのに比べて脂の乗りが少ない気がしますが、
イスタンブールは全く違いました。

イスタンブールに行くなら、魚を食え!っと言っても過言ではないでしょう


ちなみにレストランの外にはこんな光景。

Rumelihisari Iskele 1
ボスポラス海峡にかかるファティフ・スルタン・メフメト橋の夜景。
アジアとヨーロッパをつなぐ光の橋です。

いやー、ありがたや、ありがたや
友人に感謝。


おすすめ度:A
(料理、ロケーションともすばらしいですが、現地在住の人がいないと
きついかも。英語の通じるウェイターさんはいました。)

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ