スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 2. 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?Top Page > 海外旅行でのクレジットカードの基礎知識 > 2. 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    【この記事は定期的に日付と内容を最新の情報に更新しています。】


    <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

    1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
    2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
    3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
    4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
    5, では、海外旅行におすすめのクレジットカードは?
    6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



    その2, 海外旅行でのクレジットカードでのキャッシングとは?

    いくらクレジットカードで支払うのが得だとは言っても、全てをカードだけで
    済ますことは無理。ある程度の現金は持っていないといけません。

    ただ、旅行中に現金が全部でいくら必要なのか、前もって見積もるのは難しい。
    それで結局、必要額よりかなり余計な両替をして、旅行後に使わない通貨が
    かなり余ってしまう、なんてことがよくあると思います。

    また、見積もったより現地でお金がかかってしまい、
    現地で高い手数料を払って、日本円から両替しなければいけない、なんてことも
    よくありますね。

    そんなときに便利なのが、クレジットカードによる「キャッシング」。
    実は、海外でもATMにクレジットカードを入れることで、現地通貨が引き出せます。

    この「キャッシング」を知っておけば、
    日本(or現地の空港)ではとりあえず最低限の金額だけ両替しておいて、
    足りない分は現地でキャッシングする、なんてことができるようになるわけです。

    日本ではどうしても「キャッシング」と聞くと、
    「すごく高額な金利を取られるのでは?」とか「借入れなんて怖い」とか、
    ネガティブなイメージを抱く人が多いと思いますが、
    実は普通に現金両替するより、安く済むケースがほとんど。

    例えばVISAカードの場合、金利は一律、年間最大18%
    カードによって優遇金利をつけているようなものもあるかもしれませんが、
    VISAである限り、どんなカードでも年間18%以上は取られません
    あと、ATM手数料として1万円以上で1回210円がかかります。

    「18%も取られるのか!」と思うかもしれませんが、別に18%を取られるわけじゃありません。
    あくまで「1年借りたら18%かかるよ」という意味です。

    実際には金利手数料が計算されるのは利用日から引き落とし日までなので、
    翌月一括払いなら、取られる手数料は1カ月~2か月分だけ。

    ちなみに、なぜ1カ月~2か月という幅があるかというと、
    キャッシングした日が「何日」かによって変わるからです。

    例えばクレジットカードの引き落とし日が毎月27日の場合、
    3月1日にキャッシングした場合 ⇒ 4月27日に引き落とし = 58日分 →大体2か月
    3月31日にキャッシングした場合 ⇒ 4月27日に引き落とし ⇒28日分 →大体1カ月
    になるわけですね。

    仮に2か月分まるまるの金利を取られたとしても、年間18%の6分の1ですから3%です。
    1か月なら1.5%で済みます。
    それに、わざわざ引き落とし日まで待たなくても、帰国後繰り上げ返済をすれば、
    その時点までの金利だけしか取られませんしね。

    前回の記事で書いた通り、日本で両替する場合、ドルやユーロでも
    最低3%は手数料がかかりますし、多くの場合、海外で円から現地通貨に両替するのは
    もっと手数料がかかります。

    大概の場合、普通に両替するよりは得にはなります。

    とはいえ、普通のクレジットカード払いとは異なり、キャッシングは「借入」であることには
    変わりないので、積極的に使わなくてもいいかもしれませんが、
    現地で現地通貨が足りなくなったときにはかなり有効なので
    覚えておきましょう。


    尚、一つ気を付けなければいけないのが、一部のカードでは海外でのキャッシングが自動的に
    「リボ払い」になるものがあります。例えば楽天カードなんかはそうです。

    そういった場合でも、後でホームページから一括支払いに変えることは可能ですが、
    できれば「翌月一括払い」できるクレジットカードを1枚持っておくと便利でしょう。

    尚、海外ATMでのキャッシングのしかたは、それぞれのカード会社のホームページに詳しく
    書かれていることが多いので、チェックしてみてください。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    1.楽天カードは無職でも審査が通る?楽天カード審査申し込みのポイント ]

    2014/06/05(Thu) 12:33

    楽天カードは無職でも審査が通ると私も聞いたことがありますが、それが本当なのかどうか検証してみたいと思います。まず最初に、確実に審査が通らない条件を上げてみましょう。1.信用情報がブラック2.社内情報がブラック3.在宅確認が取れない4.勤務先が不明

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ