スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 3. 海外では「クレジットカード=信用」である。Top Page > 海外旅行でのクレジットカードの基礎知識 > 3. 海外では「クレジットカード=信用」である。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    【この記事は定期的に最新の情報に更新しています。】


    <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

    1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
    2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
    3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
    4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
    5, では、海外旅行におすすめのクレジットカードは?
    6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



    その3, 海外では「クレジットカード=信用」である。

    ここまで、海外でのクレジットカードの有効活用について書いてきましたが、
    それでも「いや、クレジットカードはちょっと。。。」という人もいると思います。

    実際、クレジットカードがなければ海外旅行ができない、ということはありません。
    特にパックツアーの場合は現金だけでも大丈夫なケースもあるでしょう。

    ただ、知っておいた方がいいのが、海外旅行では、
    クレジットカードがないことが理由で困ることがありえることです。

    現金だけでは難しい場面をいくつかご紹介しましょう。

    ホテルでの「デポジット」
    海外のホテルでは、チェックイン時に「デポジット(保証金)」
    必要になることが多くなっています。
    宿泊代を支払わずに逃げられたら困るからです。

    具体的には、チェックイン時にクレジットカードの提示を求められ、
    そこから一定額の「仮の支払処理」をされます。

    現金でデポジットを入れることも可能ですが、現金払いの場合、
    実際の宿泊代よりかなり高い金額を保証金として取られることがあります。

    なぜかというと、クレジットカードが普及している海外では
    「クレジットカード=信用」という認識があるので、現金払いだと
    「もしかしたら、カードを作れない人なのではないか?」と疑われてしまうのです。

    なので、宿泊代のみならず、飲食代やルームサービス、ホテル内の設備使用代など
    発生し得る色々な費用を考慮した金額が初めに取られてしまうわけです。

    中には、クレジットカードがないと一部の設備が使えない、
    なんていうケースもあるので、注意が必要です。


    航空券、鉄道、バスなどの予約
    現地で交通機関を使って長距離移動する場合、
    最近は事前にWebで予約を入れるのが普通になってきています。

    そうでないと、事前にカウンターへ直接行ってチケットを購入するか、
    当日並んでチケットを買うことになります。

    限られた旅行時間の中ではかなり時間の無駄になりますし、
    事前にWeb予約すると大幅に割引になる場合が多く、お金の無駄にもなります。

    最悪の場合、わざわざカウンターまでチケットを買いにいった挙句、満席だった、
    なんてこともありえます。


    レンタカーを借りる場合
    レンタカーは、クレジットカードがないと借りられない
    思った方がいいです。
    レンタカー会社からすれば当然、車を盗まれてはかないませんから、
    「信用」を求めるのは当然です。


    このように、「クレジットカードの必要性は日本より海外のほうが圧倒的に高い」
    と思った方がいいでしょう。
    海外旅行にクレジットカードは必須だと思ってください。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ