スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 4. クレジットカードの「海外旅行保険」とは?Top Page > 海外旅行でのクレジットカードの基礎知識 > 4. クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    【この記事は定期的に最新の情報に更新しています。】


    <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

    1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
    2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
    3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
    4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
    5, では、海外旅行におすすめのクレジットカードは?
    6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



    その4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?

    クレジットカードには、支払いの有利さ以外にも大きな特典があります。
    「海外旅行保険」です。

    「海外旅行保険」というと、
    自分の持ち物が盗まれたり壊れたりした場合に損害額を補償するもの、
    というイメージが強いんじゃないかと思いますが、
    実は、海外旅行先での予期せぬ費用で最も怖いのは、治療費

    なぜなら、海外での治療費って場合によってはとんでもなく高いからです。
    しばらく入院すると、平気で100万単位のお金がかかったりします。

    自分の知り合いにも、バリ島でデング熱にかかってしばらく現地で入院を
    命じられた人がいますが、それくらいの額の請求を受けていました。

    「病気やケガなら健康保険が使えるから大丈夫やろ?」と思うかもしれませんが、
    日本の健康保険だけでは全く不十分

    健康保険は、「海外で行った治療を日本の医療保険制度に置き換えて再計算した額」の
    7割を後から払い戻してもらえるというだけのものなので、日本より治療代の高い
    海外での費用の大部分は、カバーされないわけです。

    例えば、海外で入院/治療して総額100万円請求されたとして、
    それが日本では10万円で受けられるものであれば、日本の保険はその10万円にしか
    ききません。
    3割は自己負担なので、7万円が返ってくることになりますね。

    残りの93万円は自分で払え、ということになってしまいます。

    そういったリスクに備えるために、海外旅行保険があるわけですが、
    海外旅行に行くたびに個別に保険に加入するのは非効率だし面倒。

    それなら、「海外旅行保険」がついているクレジットカードを持っておけば、
    いつ海外に行っても、ある程度安心なわけです。


    尚、「海外旅行保険」が付いているカードの中でも、
    その中で「治療費」がカバーされているかは、カードの種類によるので要注意。

    自分の持っているクレジットカードの海外旅行保険の内容は、
    一度チェックしておくといいと思います。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ