FC2ブログ
スポンサードリンク

Top Page > 海外旅行でのクレジットカードの基礎知識 > 自分が海外旅行におすすめするクレジットカード2選。
【この記事は定期的に最新の情報に更新しています。】


<海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
5, 結局、海外旅行におすすめできるクレジットカードはどのカード?
6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



その5, 結局、海外旅行におすすめのクレジットカードはどのカード?

クレジットカードの種類によってそれぞれ良さがあると思いますが、 自分の海外経験から検討してきた結果、今は下記の2枚をメインに使っています。
年会費もほとんどかかりませんので、誰にもおすすめできるカードとして紹介しておきます。

三井住友VISAカード

一言でVISAカードといっても、今や数多くのカードがありますが、 その中で一番信頼性が高いのがこの三井住友VISAカードです。

「信頼性が高い」というのはどういうことかというと、 まず一つは、世界中どこでも「使える可能性が高い」ということ。

海外に慣れている人はわかると思いますが、同じVISAカードでも、 カードによって使える場所、使えない場所が色々です。

どういうことかというと、そのホテルやレストランがVISAを扱っていて、クレジットカード読取機があるのに、読取機に通してもカードによっては、エラーになってしまうことがあるのです。

しかし、三井住友VISAカードはどこでもほぼ確実に使えます。
自分の経験上、カードが原因で使えなかったことは記憶にありません。
(読取機の通信機能が故障したとか、店側の理由で使えないことはまれにありますが。)

そしてもう一つは、サポート体制の信頼性

三井住友VISAカードは日本で2,000万人以上が加入しているカードなので、 何かあった時のサポート体制が非常に充実しています。

海外で使うとなるとどうしてもスキミングなどの不正使用のリスクはつきまとうので、こういう信頼性は気になるところですよね。

また、ICカードチップを搭載しているので、暗証番号が分からない限り不正使用はできませんし、万一盗難に遭っても60日間の損害補償もついていますし、 かなりセキュリティレベルの高いカードです。

年会費はカードの種類によりますが、 インターネット申込みの場合、普通のクラシックカードで、初年度無料、2年目以降は年間1,250円+消費税=1,350円。

三井住友カード一覧はこちら

カード利用代金をWeb上で閲覧する「Web明細書サービス」にすれば、 毎年500円+消費税=540円割引なので、810円/年ですね。

また、そもそも入会時にギフトカードがプレゼントされるので、 実質的には初めの数年間は年会費負担がないのと同じことになります。


三井住友VISAカード
世界で一番使えるカードと言ってもいいほど、ほとんどの場所で使えます。
銀行系のカードでありながら年会費負担の少ない、かなり希少な1枚。
迷うならこれを持っておけばいいと思います。




楽天カード

楽天カードの魅力は、何といっても年会費無料でポイント還元率が高いこと。

日本国内で使うだけでも十分魅力的なのですが、 それに加え、海外旅行保険やそのサポートも充実。

海外旅行保険のところで説明した「治療費」も200万円まで補償されます。
三井住友VISAでも100万円までなので、これはすごい水準。

しかも、三井住友海上の提供する 海外アシスタンスサービス医療費キャッシュレスサービス まで利用できます。

前回、現地では予期せぬ高額な治療費がかかることがある、と書きましたが、 そんな現金を持っているわけはありません。
キャッシュレスサービスは、そんなときに医療費をこの海外旅行保険機能で処理してくれる、 というもの。

年会費無料とは思えないほど、海外旅行への補償度の高いカードです。

また、楽天カードには毎月エントリーする「キャンペーン」というのがありまして、 エントリーすれば海外での使用に対してさらにポイントをつけてくれます。
<参考記事>
知っておきたい楽天カードのお得なキャンペーン

常時、新規入会特典として 最低5,000円分のポイントがプレゼントされるため、年会費がかからないどころか、入会するだけで収支はプラスになります。

強いてこのカードの弱点を挙げるとすると、キャッシングを使った際に自動的に「リボ払い」になってしまう、というところ。
<参考記事>
海外旅行初心者のためのわかりやすい「クレジットカードの仕組み」

後で簡単にネット上で変更できるので、一括返済に変更すれば済む話ですが、キャッシングメインでクレジットカードを持ちたい人は、三井住友VISAカードの方をおすすめします。

理想的には、三井住友VISAカードと楽天カードを両方持っておいて、基本的には還元率の高い楽天カードを全て支払うようにし、
楽天カードでエラーになった時、もしくはキャッシングする時に三井住友VISAカードを使う、という感じにすれば、高いポイント還元率と高い信頼性を両取りできるので鉄板です。

楽天カード
年会費永久無料ではこのカードがダントツ。しかも作って1回使うだけで5000円プレゼントのお得さ。
ときどき還元額増額のキャンペーンまでやってます。 




まとめ

かれこれ10年近くこの2枚で十分こなせているので、個人的には鉄板の組み合わせです。
入会時の還元を考えれば、2枚とも年会費はかからないも同然なので(楽天はそもそも無料ですが)
どちらも持っておいて損はしないカードです。

カード名三井住友
VISAカード
楽天カード
特徴ほとんどの場所で使え
サポート体制も高い。
ポイント還元率が高く
保険サポートも充実。
年会費1,350円(初年度無料)
Web明細書で810円
永久無料
カード申込三井住友VISAカード入会楽天カード新規入会

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 管理人のみ閲覧できます

    2016/10/13(Thu) 18:00- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. 管理人のみ閲覧できます

    2017/08/12(Sat) 20:43- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ