スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ドバイで石油が出たそうですが。。。Top Page > ドバイお役立ち情報 > ドバイで石油が出たそうですが。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    先週、こちらの新聞で「ドバイ域内で石油が出た」と
    報道されていました。

    IMG_0717_convert_20100214170607.jpg

    まだ、埋蔵量など、ビジネスとしてドバイ経済に寄与するほどの
    ものかは不明のようですが、ドバイショック以来、
    経済がやや停滞している中で、明るいニュースだと思います。

    ここで、またちょっとした小話を。

    アラブといえば、思い浮かぶのが、
    豊富な石油資源による巨大な富「オイルマネー」。
    ですので、ドバイもこのオイルマネーでここまでの繁栄を遂げたと
    思われがちです。

    なんか、この写真のようなアラブ衣装の男達="オイルマネー"という
    イメージが日本ではありますよね

    しかし、「オイルマネーで発展した」というのは全く間違い
    というわけではないのですが、実はドバイでは石油は採れません。

    UAEという国自体は、世界の石油埋蔵量の10%程度を保有する
    資源国なのですが、そのほとんどはお隣のアブダビ首長国のもの。

    一方、ドバイは、自身では天然資源をほとんど持っておらず、
    その立地を活かした交易によって一大商業基地になることで、
    周辺地域のオイルマネーを呼び寄せ、
    人工的ににここまで発展してきた都市なのです。

    昨今はさらに貿易拠点としての機能や観光事業を整備して、
    世界中からの資金を集め、投資先としても注目されているのは
    皆さんもご存知の通りですね。

    ドバイの考え方を簡単に書くと、

    商業拠点として海外から注目してもらい、資金を掻き集める

    その資金を元にがんがん開発し、さらに注目を集める

    一大都市として、世界中から企業や観光客を集める

    世界をつなぐ「世界の中心」になる

    という感じだと考えたらよいと思います。

    昨年計画されていたドバイの新空港(今は中止)の名前は、
    確か"Center of the world"でしたので、本気で「世界の中心」に
    なるつもりだったようです。

    しかし、よくよく考えると、ドバイはもともと単なる中継拠点であり、
    アブダビのような資源も、日本のような工業技術もないわけですから、
    開発に必要な膨大な資金はいつも外からのお金に頼らざるを得ません。

    もっと言うと、その自分の街の開発さえも海外企業に頼らざるを得ません。

    自分でモノも作れなけりゃ、外に売る資源も農産物もないのですから、
    観光客や海外からの投資資金が入らないと、お金を稼ぐ手段がないのです。

    だから、国としてはすごく不安定というか、脆いんですね。

    先日世界中を騒がせたドバイショックは、世界的な景気後退により
    それまでドバイに入っていた資金が一気に引き揚げたたため、
    突然お金がなくなり、都市開発を請け負っていた海外企業への
    支払いができなくなったもの。
    まさにドバイの構造的な「脆さ」が出た一面でした。

    それでドバイが「困った、困った」となっていたときに、
    助け舟を出したのが、UAEの首都であるお隣のアブダビ首長国

    彼らは石油をたくさん持っているので、お金は山ほどありますからね。
    「お隣が困っているなら、我々が資金を出してあげましょう」ということですね。

    ただ、それだけなら良い話なのですが、そこは権力大好きなアラブの国。
    そう綺麗に話は運びません。

    アブダビは、ドバイに資金を援助してあげる代わりに、
    当時建設中の世界一高いビルや、エミレーツ航空など、
    ドバイを代表する事業の支配権を自分のものとしたわけです。

    その結果、あのビルの名前は、"Burj Dubai"から"Burj Khalifa"に
    突然変更になりました。
    Khalifaは今のアブダビの首長の名前。
    「ドバイは実質、アブダビ首長の傘下なんだぞ」と言わんばかりですよね。

    今後も、ドバイとアブダビの関係には要注目です。

    このように、ドバイは天然資源を持たないため、
    アラブ諸国の中でも異質な歴史を辿ってここまで歩んできました。

    今はまさにいつ倒れてもおかしくない摩天楼状態。。。

    ある程度石油が出るようになれば、アブダビとの関係も変わるでしょうが、
    どうなりますでしょうかね。

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ