スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 海外旅行でもしパスポートを紛失したら?Top Page > 海外旅行でパスポートを紛失したら? > 海外旅行でもしパスポートを紛失したら?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    実は自分は過去5年で、2回もパスポートを紛失しました。

    アラブみたいな厄介なところに住んでいながら、2回もパスポートをなくした
    愚かな日本人は、数多い駐在員の中でも、そうはいないでしょう。

    と、全く何の自慢にもならない経歴をさらしたところで、
    そんな経験を活かして今回は
    「海外でパスポートをなくしたらどうしたらいいか」

    を解説します。

    海外旅行で、命の次に大事と言われるのがパスポート。

    なぜあんな薄っぺらい手帳が、そんなに大事なのか??
    それは海外で自分自身を証明する唯一のものだから。

    日本では運転免許証やら保険証やら、自分の身元を証明するものが
    色々ありますが、海外ではそれらは何の意味も持ちません。
    日本人であることさえも、パスポートなしでは証明できないわけですね。

    日本に帰りたくてもパスポートなしでは飛行機に乗れませんし、
    ホテルに泊まろうにもパスポート提示を求められることも多いでしょう。

    もっと極端な話、突然警察に職務質問を受けて、
    不法滞在者として拘束されても不思議ではないわけです。
    (まあ、さすがにそんなのは極めてレアケースでしょうが。)

    そんなわけで、万一パスポートをなくしたら、落ち着いてすぐ対処すること。

    外国でパスポートを紛失し、近いうちに帰国する場合は、
    帰国用のパスポート(渡航書)を発行してもらうことになります。

    時間がかかってもよければ、パスポートの再発行手続きを行うことも可能ですが、
    戸籍謄本か戸籍抄本が必要になるので、
    まずは帰国用のパスポートを申請して、帰国後に新規発給申請をするのが
    現実的です。

    ということで、ここからは帰国用パスポートの手続きを説明しますね。

    発行をしてくれるのは、日本大使館もしくは領事館というところ。

    ちなみに、大使館というのは各国に一人ずついる「大使」が在籍する場所。
    領事館というのは大使館の支店みたいなもんです。

    アラブ首長国連邦の例で言うと、
    首都のアブダビに大使館があり、ドバイには領事館があります。
    できれば、事前に電話番号を調べておくと便利です。

    さて、手続きに必要な手順ですが、、、

    1, 日本大使館、もしくは領事館に連絡を入れる。

    どうしても事前に連絡しなきゃいけないってことはないんですが、
    パスポートをなくしたことをまず日本大使館(領事館)に連絡しておくと安心。
    どうしたらいいか、親切に対応してくれるはずです。

    再発行に必要な書類、かかる時間、大使館の営業時間などを聞いておくと
    いいでしょう。
    また、再発行用のパスポート写真をどこで撮ればよいか、などアドバイスを
    聞くのもいいと思います。


    2, 現地の警察に「紛失証明」を発行してもらう。

    パスポートは、いきなり大使館に行っても発行はしてもらえません。
    必要な書類は、基本的に3つ。
    ①現地警察が発行した紛失証明(英語では"Lost Report")
    ②パスポート用の写真1枚
    ③運転免許証などの本人確認書類

    何といっても厄介なのが、①ですね。
    現地の警察官に事情を説明して、紛失手続きをしてもらわないといけないわけで。

    まあ、この辺は覚悟決めてがんばるしかないんですが、
    一応、これにもコツがあります。

    まずは、パスポートのコピーを事前にとっておくこと。

    現地の警察官にとって、手続き上難しいのが、
    「パスポートをなくしました」って言っている本人が誰だかが、
    確認できないことです。

    パスポートのコピーがあれば、
    「私はこういう日本人で、この番号のパスポートを紛失しました」
    ということが簡単にわかるので、手続きが早く進みます。


    次に、もし「どこの警察に行けばよいのかわからない」という場合は、
    場所的に遠くなければ、空港の警察に行くといいでしょう。

    空港ではパスポートを紛失する人も当然多いので、
    警察側もこの種の手続きは慣れっこです。

    これも、精神的に随分助かります。


    3, パスポート用写真を準備する。

    新しいパスポート用の写真が必要になるのですが、
    先進国であれば、空港にパスポート用写真のスピード写真機がある
    ことが多いです。
    とはいえ確実ではないので、上に書いたとおり大使館に聞くのがよいでしょう。


    4, 日本大使館(領事館)へ行く。

    これでようやく、発行手続きができます。
    大使館に備え付けの申請書類に記入して手続きします。
    国によりますが、多くの国では早めの時間に行けば、
    その日のうちに再発行されます。


    ざっと書くとこんな感じですね。
    とにかく落ち着いて対処することが大事ですが、
    やはり何よりもなくさないように注意することが大事。

    自分の場合は、2度ともカバンに入れていてすられました(と思ってる)。
    今は常に胸ポケットに入れるようにしています。(1度目で気づけよ)

    以上、「外国でパスポートを紛失したら」の解説でした。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


      スポンサードリンク

      Comment

      1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

      Comment Form


      管理者にだけ表示を許可する

      検索フォーム

       

      カテゴリ

      全記事一覧

      お知らせ

      ドバイの旅行情報
      トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

      ドバイ 旅行
      フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

      FC2カウンター

      プロフィール

      kentaro3787

      Author:kentaro3787
      たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
      「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

      S:一生に一度は行きたい
      A:訪れて損はなし
      B:この地域に来たら行きたい
      C:良いけど、省略可
      D:行かなくてもいいかな
      (まあ、基準は適当です。)

      時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
      HTMHThHhさ