スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ドバイ土産の超定番。PatchiとBateel。Top Page > ドバイのお土産 > ドバイ土産の超定番。PatchiとBateel。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ドバイのお土産といえば、超定番ブランドが2つ。

    チョコレートのPatchi(パッチ)とデーツのBateel(バティール)。

    もう、これは説明がいらないくらい超定番。

    ドバイモールやモールオブジエミレーツなど、
    色々なモールに出店していて、空港でも購入可能。


    まずはPatchi
    1974年、レバノンで誕生したチョコレートです。
    実はドバイ発祥ではないんですけど、いつのまにかドバイ土産の定番に
    なってしまいました。

    ドバイで「これでもか!」というくらい売り出しているので、
    絶対、ドバイ発祥だと思っている人はいるやろうね

    ドバイ Patchi1
    こんな店が色々なモールに入っています。
    一見、チョコレートの店というよりもこじゃれたブティック的な店構え。

    どこの店舗も無駄に広いしね。
    正直、普通のスイーツ点よりは若干入るのに緊張します。

    ドバイ Patchi2
    商品棚。
    どれもオシャレですが、右上の缶の容器に入ったやつが
    お土産用によく買われていますね。

    とにかくこのPatchi、食べ物系のドバイ土産としては鉄板中の鉄板です。

    とりあえず、無難なものを選びたい人には最適でしょう。
    甘いものがダメな人以外は、大概の人が好きなんじゃないでしょうか。

    「高級チョコレート」としては好みは分かれるでしょうが、
    ハワイとかオーストラリアとかの観光地で買うようなチョコレートとは
    格が違います。

    その分値段もそこそこしますが、小さなセットもあるので、
    配り用にも使えるんじゃないでしょうか。


    次は、王室ご用達の高級デーツ・Bateel

    というか、そもそも日本では「デーツって何やねん??」という人もいると思いますが、
    要はナツメヤシの実

    ドバイ デーツ
    市場ではこんな感じで売られてます。

    このデーツ、干し柿に似たような食感なのですが、
    日本人の中ではかなり好みが分かれます
    おそらく、「デーツは好きじゃない」日本人の方が多いでしょう。

    じゃあ、お土産としてはあかんやん、、、と思いそうになりますが、、
    デーツの中でも、このBateelは割と日本人向け

    高級ブランドだけあって、無駄に「グチュッ」としてないし、
    ナッツが挟まっているもの、レモンピールが挟まっているものなど、
    色々種類があるので、普通のデーツとは全く違います。

    これがダメな人は、どんなデーツを食べてもダメでしょう


    さて、Bateelの店舗も色々なところにあります。

    ドバイ Bateel
    ショーウィンドウにもちょっと写っていますが、
    Bateelのデーツの味以外のもう一つの売りが、箱のオシャレさ。

    追加料金を払えば、めっちゃオシャレな箱に入れてくれます。
    気合いを入れたお土産にはアリじゃないでしょうか。

    ドバイ Bateel
    上の市場とは違うでしょ?

    ただ、王室御用達だけあってそれなりに値がはります。
    色々な人に配るのは大変かも。。。

    おすすめ度:B
    (無難さ重視ならPatchi。アラブ色を出すならBateel。
    どちらかを選べば鉄板です。)


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ