スポンサードリンク

Top Page > 海外旅行でのマイルの基礎知識 > 1, マイレージを貯めると何ができるの?
さて、まず「マイレージ」って何かというと、
簡単に言えば、航空会社が発行するポイントです。

航空会社が、次も自分の会社を利用してもらうために、
飛行機に乗った人に対して、ある程度たまったらその会社の無料航空券と
交換できるポイントを付与するわけです。

我々顧客からしても、一度その航空会社のポイントが貯まり始めると、
「自分はこの航空会社のポイントためてるから、次もこの航空会社にしよう」
って思いますよね。

そういう狙いで、各航空会社は自社のマイレージカードを作ってもらって、
そこにポイントを付与していくわけです。

まあ、メンバーズカードみたいなもんですね。

で、一定ポイント貯まれば、その会社の無料航空券と交換できます。

「でも自分は海外旅行はツアーでしか行かないから、航空券はいらないよ」
なんていう人もいるでしょう。

そんな人も心配は無用。
マイレージは航空券にしか替えられない、と思っている人も多いと思いますが、
EDYやSUICAなどの「電子マネー」に換えられます
普通にお金として普段の買い物に使うことができるわけですね。

楽天ポイントやAmazonギフト券に交換して、ショッピングサイトで使うこともできます。

その他にも、ポイントを使ってビジネスクラスにアップグレードできたり、
航空会社の旅行クーポンに換えられたり、なんていう使い方もあります。

そういう意味では、ポイントカードとしても使えますね。


マイレージポイントで何ができるかを簡単にまとめておきます。

① ポイント相応の無料航空券と交換できる。
  例)国内往復航空券に交換=12,000マイル

② ビジネスクラスにアップグレードできる。
  例)日本⇔グアム往復をビジネスクラスに変更=20,000マイル

③ 電子マネーやポイントに交換できる。
  例)10,000マイルで10,000円相当
   (JALはSUICAやAmazonギフト券, ANAは楽天ポイントやEDYなど)

④ 旅行クーポンとして利用できる。
  例)20,000マイルで30,000円相当の旅行クーポンとして利用できる。
    (JALはJAL系、ANAはANA系の店舗のみで利用可能)


ここまでで、「マイレージを貯めるとこんなことができるんだ」
というのは何となくわかってもらえたでしょうか。

マイル(マイレージ)というのは、お金と同じです。
貯めなきゃ損ですね。

"海外旅行で知っておきたいマイレージの基礎知識" 目次へ

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ