スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 他人と乗る観覧車ってどうなんだろう?ロンドンアイに乗ってみた。Top Page > ロンドンの見どころ > 他人と乗る観覧車ってどうなんだろう?ロンドンアイに乗ってみた。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    歴史的な観光スポットの多いロンドンにおいて、
    近代的なロンドンの象徴的な存在になっているのが、
    世界最大級の観覧車・ロンドンアイ

    ロンドンアイ1

    西暦2000年の「ミレニアム記念事業」により、1999年末に開業。
    当時は世界最大の観覧車として注目され、その大きさは実に直径135m
    そして、カプセル1個当たり定員25人というすさまじいサイズです。

    その後、2006年に中国で高さ160m、2008年にシンガポールに高さ165mの
    観覧車ができ、世界一の座は奪われましたが、今も「世界最大級」であることは
    変わりません。

    ちなみに、現在営業している観覧車で日本最大のものは、2001年に開業した
    葛西臨海公園内にあるダイヤと花の大観覧車(高117m、径111m)だそうで、
    ロンドンアイはそれよりかなりでかいことになります。

    せっかくならそのでかさを体験したい、ということで乗ってみることに。

    ロンドンアイ2
    下からのロンドンアイ。
    いやー、ほんと、でかいね。

    チケットは観覧車下のオフィスで買えますが、
    公式ページから事前に買っておいた方が若干割安になり、
    万一並んでいる時でも並ばずに乗ることができます。

    ロンドンアイ公式ページ

    ただ、このロンドンアイは料金がバカ高く、
    当日チケットで大人1人19.20ポンド=約3,000円

    いやいや、観覧車乗るのに3,000円って高すぎるやろ

    旅行者は「せっかく来たんだから」と少々高くても買って乗りますが、
    地元民はどうなんだろうなー。。。


    さて、いよいよ実際に乗りこみます。
    1カプセル25人乗りだけあって、何組かが一緒に乗ることになります。

    ロンドンアイ3
    こんな感じ。
    カプセルは全面ガラス張りで、中を移動しながら、
    360度の周囲の景色を見渡すことが可能。

    そして、どんな景色が見えるのかというと、、、

    ロンドンアイ4
    テムズ川とロンドンの街並み。
    まあ、きれいな景色といえばきれいな景色ですが、普通といえば普通。
    テムズ川の水は汚いね。

    一方、、、

    ロンドンアイ5
    ビッグベン。

    まあ、これは写真撮るタイミングをミスッたので変な鉄柱みたいなのが
    写ってますが、一応観覧車から見下ろすことができます。

    でも、逆光で見え方はちょっと微妙でした。

    。。。
    結局ロンドンアイに乗ってどう感じたかというと、
    観覧車には大勢で乗るもんじゃない。

    同じカプセルに何組もいると、
    見たい時に見たい景色が見えない
    撮りたい時に撮りたい写真が撮れない
    しかも、観覧車は動いてるから戻ってはくれない

    カプセル内では、外人カップルに「写真撮って」とか言われるし。
    観覧車みたいなところで背景に景色入れてきれいに撮れるか

    まあ、そんな個人的な文句を抜きにしたとしても、
    ロンドンアイから見える景色はあまり印象的ではありませんでした。

    ビッグベンも、昼に遠くから眺めても特別美しいものでもありません。
    夜のライトアップが美しいらしいので、ロンドンアイに乗るなら夜景の方が
    いいんじゃないかと。


    おすすめ度:C
    (あくまで昼のロンドンアイということで。これで3,000円というのは高いかな、
    と思ってしまうくらい。夜はきっとまた違った顔があるはず。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ