スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 3. 知っておきたいマイレージプログラム(日系航空会社編)Top Page > 海外旅行でのマイルの基礎知識 > 3. 知っておきたいマイレージプログラム(日系航空会社編)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    マイレージプログラムとは何ぞや、というのがわかったところで、
    どんな「マイレージプログラム」があるのかを見ていきましょう。

    日本に住んでいる人の場合、とりあえず下記の4つを知っておけば
    いいと思います。

    1. JALマイレージバンク (日本航空)
    2. ANAマイレージクラブ (全日空)
    3. デルタ・スカイマイル (デルタ航空)
    4. UAマイレージ・プラス (United Airways)

    他にも航空会社別にマイレージプログラムは色々あるのですが、
    日本を拠点に考えると、メリットはあまり多くありません。

    日本からの運航便が少なかったり、提携パートナーが少なかったり、
    というデメリットが多いので、その航空会社を集中して使う人以外は
    上の4つで問題ないと思います。

    では、順に簡単に内容を見ていきましょう。
    まずは日系航空会社編です。

    1, JALマイレージバンク 
    (プログラム詳細⇒JALマイレージバンク

    ①アライアンス - ワンワールド
    ②有効期限 - 3年
    ③航路 - 国内便の本数が最も充実。
    ④得点航空券のサーチャージ - 別途かかる。
    ⑤格安航空券の扱い - マイレージ数も割引きされる。
    ⑥JALマイルから移行できるポイント
    ・SUICA
    ・WAON
    ・Amazonギフト券
    ・ローソンPONTA
    ・ファミリーマート専用プリペイドカード
    ・PITAPA
    ・JTBトラベルポイント
    ・ビックカメラ
    ・東急
    ・小田急
    ・近鉄    など
    ⑦JALマイルで交換できるクーポン
    ・スタジオアリス
    ・ワタベウェディング
    ・ドレスフィールズ
    ・バーガーキング
    ・マイファーマー
    ・MOMAデザインストア(ニューヨーク近代美術館の公式ストア)
    ・東急ハンズ  など
    ⑧JALマイルに交換できる主なポイント
    多すぎて書ききれません。

    <メリット>
    ・国内線が充実しているので国内航空券への交換目的なら最も適している。
    ・他ポイントの提携が多いので、マイルが貯めやすい。
    ・他ポイントとの提携が多く、航空券に交換しない人も好きなポイントに移行できる。

    <デメリット>
    ・マイルに有効期限(3年)があるので、定期的に使わないといけない。
    ・航空券に交換する際、サーチャージは別途払わなければならない。
    ・格安航空券だと貯まるマイレージも割引きされる。

    2, ANAマイレージクラブ 
    (プログラム詳細⇒ANAマイレージクラブ

    ①アライアンス - スターアライアンス
    ②有効期限 - 3年
    ③航路 - JALほどではないが国内便充実。
    ④得点航空券のサーチャージ - 別途かかる。
    ⑤格安航空券の扱い - マイレージ数も割引きされる。
    ⑥ANAマイルから移行できるポイント
    ・楽天Edy
    ・楽天ポイント
    ・Tポイント
    ・SUICA
    ・nanacoポイント
    ・PITAPA
    ・スターバックスカード
    ・ヤマダ電機
    ・マツモトキヨシ
    ・セブンカード
    ・itunesギフトコード
    ・東京メトロ
    ・高島屋      など
    ⑦ANAマイルから交換できるクーポン
    ・ホテル系のお食事券
    ・ワタミお食事クーポン
    ・キッザニア ギフト券
    ・朝日新聞デジタル
    ・てもみん
    ・ユニマット・ゴルフクーポン
    ・ニッポンレンタカー
    ・アート引越しセンター など
    ⑧ANAマイルに移行できるポイント
    こちらも多すぎて書ききれません。

    <メリット>
    ・JALほどではないが国内航空券への交換に適している。
    ・他ポイントの提携がJALより多いので、マイルが最も貯めやすい。
    ・他ポイントとの提携が多いので、航空券に交換しない人も好きなポイントに移行できる。
    ・クレジットカードの種類が豊富。

    <デメリット>
    ・マイルに有効期限(3年)があるので、定期的に使わないといけない。
    ・航空券に交換する際、サーチャージは別途払わなければならない。
    ・格安航空券だと、貯まるマイレージも割引きされる。


    ということで、各項目を比べてみてもらうとわかりますが、
    JALとANAでは、プログラムの内容自体は大きくは変わりません。
    基本的な違いは2つ。

    ・アライアンス
    ・ポイントの提携パートナー

    アライアンスは前回の記事で書いた通りですね。
    一般的には、加盟会社の多いスターアライアンスに属するANAが優勢といえますが、
    結局は自分がよく使う航空会社次第です。

    また、ポイント提携パートナーについても意外と大事。
    貯めたマイルをすべて、3年以内に航空券に替えられたらいいのでしょうが、
    実際にはそれは非常に難しいのが現実。

    お目当ての航空券と交換するほど貯まらなかったり、
    休みが取れる時期の特典航空券がうまく取れなかったり、
    航空券に換えてもまだ中途半端なポイントが残ってしまったり、と、
    航空券以外に換えることも考慮しておいた方がいいでしょう。

    たとえば自分の場合は楽天をよく使うので、ANAの方が便利ということになります。

    ただ、ここで気をつけたいのが、マイル⇒ポイントの交換レート

    たとえば、
    ANAマイルを楽天ポイントに換える場合、1マイル=1円。
    しかし、JALマイルをWaonに換える場合、1マイル=1.2円、
    JALマイルをスタジオアリスのクーポンに換える場合、1マイル=1.5円。

    イオンでよく買い物する人、子供の写真をスタジオアリスで、という人には
    JALの方がお得、ということになります。

    提携先の豊富さはANAの方が一見優勢に見えますが、必ずしもそうともいえません。
    自分のよく使うお目当てのポイントの交換レートは見ておくとよいと思います。

    <パートナー特典詳細>
    JALマイレージバンク⇒パートナー特典
    ANAマイレージクラブ⇒パートナー特典

    "海外旅行で知っておきたいマイレージの基礎知識" 目次へ

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ