スポンサードリンク

Top Page > 海外旅行でのマイルの基礎知識 > 6, 結局、おすすめのマイレージプログラムはどれ?
主な4つのマイレージプログラムについて簡単に紹介しましたが、
では、どれが一番お得なのか?

<参考記事>
知っておきたいマイレージプログラム(日系航空会社編)
知っておきたいマイレージプログラム(外資系航空会社編)

「これが一番!」と言えればいいのですが、、、
どれが一番かは、人によって違います。

「いや、そんなこと言ったら元も子もないやん。。。」と言われそうですが、
結局は、どうやってマイルを使うか次第なんですよね。

具体的に考えてみましょう。

ケース1,「特典航空券に換える」覚悟ができる場合

とにかく早くマイルを貯めて、無料航空券への交換を目指すならば、
ユナイテッド航空のマイレージプラスが一番でしょう。

<おすすめポイント>
・ANAに乗ってもマイル加算できるので、日本で使っても全く支障なし。
・格安航空券でも同じマイル数が貯まるので、ANAより効率的。

<ただし、、、>
・航空券以外には換えられない。結局思うように貯まらず無駄になることも。。。
・年会費の安いクレジットカードだと、日系よりマイル還元率が悪い。
 (ただし、年会費5,250円払えば、日系より良くなりますが。)

日本の航空会社では格安航空券だと格段にマイル数が減ってしまうし、
デルタ航空ではANAやJALとの提携がないので、日本からではなかなか貯まりにくい。

そして、特典航空券に換えるに当って重要なのが、
「そもそも、行きたい時期に航空券が取れるの?」ということ。

はっきり言って、ANAやJALでは、人気の時期に特典航空券は取るのは至難の業です。
その点、ユナイテッド航空はかなり取りやすい。

また、Web上で航路を指定すれば、自社便と合わせて提携航空会社についてもまとめて
検索してくれるため、空きを探しやすい。
これも大きなメリットです。

それに、実質有効期限がない。
航空券に換えられるマイル数に到達するまで安心して貯められます。

「マイルは航空券に換えるんだ!」という覚悟さえ決めればこれでしょう。


ケース2, 「航空券に換えるかわからない」場合

マイルを航空券以外に換える選択肢を残しておきたい、という人は、
ANAかJALを選ぶべきでしょう。

マイルを貯めるときにわかっておかねばならないのは、
「一定のマイルが貯まるまで結構ハードルが高い」ということです。

当然のことながら、数回飛行機に乗ったくらいでは航空券と交換できるほど貯まりませんし、
クレジットカードで貯めようにもそれなりの額の使用が必要。

実際、マイルをちょっと貯めてみたけれど、結局結局航空券に換えるほど貯まらず、
うやむやになってしまった人も多いことでしょう。

普段仕事などで頻繁に飛行機に乗る人でなければ、
そこまで貯まらないかも、、、というリスクは考えておくべきです。

そしてもう一つ。
今時の海外旅行には「パック旅行」や「ツアー」があります。

旅行会社に行けば、航空券を個別にゲットするより、「航空券+ホテル」で格安になっている
ようなケースも多いでしょう。

そういう意味では、もしかすると今後の海外旅行に、
「航空券だけ個別に取る」という機会は出てこないかもしれない。

せっかく貯めたマイルが使えないまま無駄になりかねません。

その場合に重宝するのが「他ポイントや電子マネーへの移行」
要は、使わないマイルを換金できるようなものです。

そこの安心感を重視するのであれば、日系航空会社でしょう。

ANAかJALか、というのは好みによると思います。。
海外メインで考えると、加盟会社の多いスターアライアンスに入っているANAでしょうが、
国内線も含めて考えるとJALの方が充実しています。

特典航空券も、国内線を取りたいならJALの方が可能性が高いといっていいと思います。

まとめると、
とにかく無料航空券に換えるなら⇒ユナイテッド航空
他のポイントに換えることも考えるなら⇒ JALかANA
です。

"海外旅行で知っておきたいマイレージの基礎知識" 目次へ

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ