スポンサードリンク

Top Page > 海外旅行でのマイルの基礎知識 > 7, 「1マイル」って何円くらいの価値があるの?
これまで色々マイレージプログラムについて書いてきましたが、
やはり気になるのが、「マイルの価値」

マイルって、基本的に航空券に交換するものなので、頑張って貯めても、
どれくらいの価値のポイントが貯まっているのか、実感が湧きにくいですよね。

まあ、そもそも航空券というものが、時期や行き先によって大きく値段が異なるわけで、
マイルの価値が計りにくいのは当然なんですが。

ただ、貯めるからにはやっぱり金額に換算したい。
ということで、今回はマイルの価値」について書いてみます。


一般的に、1マイルの価値は、1.5円くらいと言われています。
実際そうなのか、ケース別に分けて考えていきましょう。

日本人の多くの人が使っているJALとANAを例に書いていきます。

1) 国内航空券に換える場合
(※ANAはシーズンによって必要マイル数に差があるため、レギュラーシーズンで計算。)

東京-大阪間の特典航空券(往復)の場合、
マイルで交換すると、JALもANAも12,000マイル、
「先得」や「旅割55」の先行予約航空券を買うと、18,000円程度。

18,000円分のチケットが12,000マイルでゲットできるわけですから、
ちょうど、18,000÷12,000=1.5円になりますね。

東京-沖縄間の特典航空券(往復)の場合、
マイルで交換すると、JAL→15,000マイル、ANA→18,000マイル、
先行予約航空券を買うと、26,000円程度。

JALで、26,000÷15,000=1.73円
ANAで、26,000÷18,000=1.44円
と、こちらも1.5円に割と似通った数字になります。

これを見る限り、国内航空券に換えることを想定するならば、
大体、1マイル=1.5円と考えてよさそうです。

ただ、ここで気を付けたいのは、
特典航空券は欲しいときに交換できるとは限らない、ということ。

同じ1.5円でも、使いたいときに使えないかもしれない1.5円というわけで、
実質的な価値はもう少し低いと思います。


2) 国際航空券に換える場合

国際線となると、飛行機代も跳ね上がります。
例えば、東京⇔ハワイ(往復)だと、最低でも90,000円程度かかります。

一方、特典航空券に必要なマイル数は40,000マイル程度です。

おお、90,000÷40,000=2.25円!

お得!、、、と思いがちですが、
国際線の場合、気を付けなければならないのが燃油サーチャージがかかること

あくまで、マイルで交換できるのは「航空券代」だけなので、
ハワイ往復の90,000円の場合、そのうち30,000円くらいが燃油サーチャージなので、
その分は自分で払わないといけません

そうなると結局、マイルで交換できるのは60,000円分のみですから、
やっぱり、60,000÷40,000=1.5円。

路線によって差はありますが、やはり「1.5円」が一つの基準になりそう。

ただし、国内線同様、取りたいときに席を確保できない可能性も高いですし、
必ず結構な金額の自己負担が発生することを考えると、
やはりこちらも、実質的には1.5円よりやや価値が低いといえるでしょう。



3)他のポイントやクーポンに換える場合

多くの場合、マイルを他のポイントに換える際の交換率は「1マイル=1円」です。

例外は、
<JAL>
"WAON"への交換:10,000マイル=12,000円相当
JAL利用クーポンへの交換:10,000マイル=12,000円相当
JALポイントへの交換:10,000マイル=15,000円相当

<ANA>
ANA SKYコインへの交換:12,000マイル=15,000コイン
ANAご利用券への交換:12,000マイル=15,000円相当

大体、1マイル=1.2~1.25円で、
最高でも、JALマイルをJALポイントに交換する際の1.5円ですね。


1)~3)から考えると、実質的な「1マイルの価値」というのは、
「1円の価値はあるが、1.5円の価値はない」というところでしょう。

まあ、1マイル=1円で考えておいて、
うまく希望の日時の航空券に換えられればそれ以上のお得さが出る、
くらいに考えておけばいいんじゃないでしょうか。

ただし、、、
例外的に、うまくいけば、めちゃくちゃお得になる使い方があります。
ビジネスクラスです。

4) お得な使い方① ビジネスクラス

ご存じの通り、飛行機のビジネスクラスはめちゃくちゃ値段が高いもの。
エコノミーの何倍もします。
例えば東京⇔パリをビジネスクラスで往復するには最低でも50万円程度かかります。

一方、マイルで交換すれば、たったの85,000マイル。
上に書いた「1マイル=1円」に照らし合わせれば、
85,000マイル=85,000円で、50万円分のチケットがゲットできるわけです。

50万円÷85,000マイル=5.9円。
めちゃくちゃお得になります。

ただし、例えば2人分のビジネスクラス航空券をゲットするには、
170,000マイルも必要になるわけで、かなりハードルが高くなります。

JALやANAで3年の有効期限の間に貯められるかどうか。。。

仕事等でしょっちゅう海外に行くという人以外は、
マイルの有効期限のないユナイテッド航空などでコツコツ貯めて、
ビジネスクラスを狙う、というのがいいかもしれませんね。


ちなみに、JALマイルをエミレーツ航空のドバイ便の航空券に交換すると、
燃油サーチャージが無料でお得、という裏ワザもあったのですが、
2013年11月より有料になってしまいました。

まだフィンランド航空などはサーチャージ無料だそうですが、
路線的には使いにくいですねー。。。


以上、「マイルの価値」について考察してみました。

"海外旅行で知っておきたいマイレージの基礎知識" 目次へ

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ