スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > エリザベス女王が週末を過ごす場所、ウィンザー城。Top Page > ロンドン郊外の見どころ > エリザベス女王が週末を過ごす場所、ウィンザー城。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
     「ロンドン旅行に行って、市内だけ見て帰ったんじゃもったいない。」
    というのは、多くの旅行者の意見の一致するところじゃないかと思います。

    なんせ、ロンドンから日帰りできる場所に、
    ウィンザー城ストーンヘンジという
    世界的に有名な観光地がありますからね。

    ということで、自分も、
    「せっかくロンドンまで来たんだから、ロンドン郊外まで足を伸ばすぞ!」
    と意気込んでみたものの、旅行日程上、割ける日数はたったの1日。

    ウィンザー城もストーンヘンジもロンドンから電車で行けるものの、
    ストーンヘンジの方は、最寄駅からバスに乗らなきゃいけないみたいで、
    こりゃ、自力で1日で両方行くのは結構しんどいなー。。。

    ということで、今回は自分の「基本、ツアーは使わない主義」は置いておいて、
    ウィンザー城、ストーンヘンジ、バースを1日で回る日帰りツアー
    に参加してみました。

    ロンドンとの位置関係はこんな感じ。↓
    ロンドン近郊ツアー
    ロンドンの西にウィンザーがありまして、ストーンヘンジとバースはさらに西ですな。

    まず向かったのはウィンザー城

    ウィンザー城3

    バッキンガム宮殿のところでも書きましたが、
    エリザベス女王が週末に滞在するのがこのウィンザー城です。

    英国王室の住居なもんで、バッキンガム宮殿同様、こちらもとにかく広大。
    城の面積が10.5ヘクタールということなので、東京ドーム2個分ちょっとかな。

    部屋数は951部屋もあり、そのうちの225が寝室とか。。。

    ウィンザー城1
    バスで向かう途中、突然車窓に現れたウィンザー城へ続く並木道。
    どれだけ長いねん。。。

    調べてみたら、これは「ロングウォーク」という遊歩道。
    ロイヤルファミリーが馬車でアスコット競馬場に向かうために設けられたもので、
    5km以上もまっすぐな道が続くとか。

    ウィンザー城2
    さて、いよいよウィンザー城の中へ。

    ウィンザー城の内部はどんな感じかというと、、、

    残念ながら、バッキンガム宮殿同様、撮影禁止

    ということで、写真はありませんが、
    個人的印象を一言で言うと、
    バッキンガム宮殿との違いがよくわからん。。。
    (ウィンザー城ファンの皆様、並びに英国王室ファンの皆様、ごめんなさい。)

    さすがに違いがわからないのは自分の目が節穴なせいですが、
    それくらい似たテイストを感じたんですよね、ほんと。

    まあ、どちらも英国王室ゆかりの場所なので、当然と言えば当然ですが。

    内部を一通り見学した後は、11:30から衛兵交代

    ウィンザー城4

    バッキンガム宮殿のようなモコモコ帽子はいませんでしたが、
    こちらは比較的見物客も少ないので、間近でみることができます。

    衛兵交代好きの人にはおすすめ。

    ちなみに、衛兵交替式は、4月~7月は毎日、それ以外の時期は1日おきなので、
    8月~3月に行く人は、やっている日を狙って行った方がいいです。
    (日曜日は休み。雨天中止。)

    そして続いてストーンヘンジへ向かいます。


    おすすめ度:C
    (正直、内部といい、衛兵交代といい、バッキンガム宮殿とかぶってるなー、、、と。
    バッキンガム宮殿に行く場合はここは省略ありかも。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ