スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ホテル予約サイトの上手な活用術(”Hotel Combined”の場合)Top Page > お得に旅行するための海外旅行術 > ホテル予約サイトの上手な活用術(”Hotel Combined”の場合)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    「海外旅行での格安ホテルの探し方」の記事の中で、
    ホテル予約サイトについて紹介しましたが、今回はその補足記事。

    普段、あまりこういったサイトを使い慣れていない人のために、
    ホテルを選ぶ際の具体的な”検索の仕方”について書いてみたいと思います。

    <参考記事>
    海外旅行計画のコツ ②格安で良いホテルを探す。

    上の記事の中で「初めにまずここで検索。」と紹介した、
    Hotels Combinedの画面を例に、検索の手順を解説していきましょう。

    まず、Hotels Combinedのサイトへアクセスするか、
    下の検索フォームから条件を入力してください。
    (入力の仕方は下に詳しく解説しています。)

    Hotels Combined トップページへ



    (1) 目的地と日程を設定する。

    まあ当たり前のことですが、まずは目的地と日程を設定しないと
    始まりません。

    大体度のサイトでも、トップページに、
    目的地、日程、人数(部屋数)を入力する画面が出てきます。
    (上の参考記事内に貼っている検索ボックスも同じものです。)

    Hotelscombined1.png

    サイトによって、目的地を選択肢から選ぶものと文字入力するものがありますが、
    Hotels Combinedは入力式ですね。

    国名を入力すると、自動的に都市や地域といった、より詳細な選択肢が
    出てくるので、さらなる絞り込みもできます。

    また、本来は日程も入力しないとちゃんとした価格比較ができないわけですが、
    このサイトの場合、「宿泊日は未定です」にチェックを入れると、宿泊日未定のままでも
    候補のホテル検索も可能。

    最低、国名だけ入力して「宿泊日未定」にチェックを入れるだけで、
    検索ができるわけです。(上の赤い四角の部分ですね。)

    ただ、宿泊予定日が混雑期かどうかで宿泊料金はかなり変わってきますし、
    また、直前に空きがある場合には値引きがあったりするので、仮でもいいので
    宿泊日程を入力して検索することをおすすめします。


    (2) 宿泊代金を軸に、ある程度絞り込む。

    ホテル選びで最大のポイントとなるのは、多くの場合宿泊料金でしょう。

    「どれだけお金を払ってもいいから良いホテルに泊まりたい」という人なら別ですが、
    一般的には「1泊=XX円まで」といった許容範囲があるはずです。

    全てのホテルを対象にして一つ一つ見ていくのは大変な労力になるので、
    まずはその許容範囲で、対象とする候補をある程度絞ってしまった方がいいでしょう。

    ただ、地域によっては、あまり宿泊代金の上限を低くしすぎると、
    本当にヤバいホテルしか出てこないこともありますので、
    許容範囲は少し広めに取って、口コミの点数などを見ていくといいと思います。

    ホテル予約サイトには、「XX円~XX円」といった選択肢から絞り込めたり、
    「宿泊代金」の高い順、安い順でホテルを並びかえたりする機能があるので、
    それを使いましょう。

    Hotel Combinedの場合は両方の機能があります。

    Hotelscombined2.jpg
    画面上に値段による並べ替え機能。
    (1回クリックすると代金の安い順、もう一度クリックすると代金の高い順になります。)

    Hotelcombined4.jpg
    左のサイドバーに価格帯による絞り機能があります。


    (3) どこのサイトで、どのタイプの部屋に、どんな価格設定がされているか確認する。

    ある程度価格で候補が絞れたら、ホテル名をクリックしてみます。

    Hotelscombined5.jpg

    「どのサイトが、どのタイプの部屋にどんな価格設定をしているか」が確認できます。
    Hotels Combinedのこの画面はかなり使えます。

    値段が並ぶと、最安値のサイトだけを見てしまいがちですが、
    できれば他のサイトについてもクリックして内容を確認しておくことをおすすめします。

    なぜかというと、実はHotels Combinedで表示されている料金には、
    各サイトのキャンペーン価格や直前の値引きなどが反映されていない場合があるからです。

    また、同じタイプの部屋でも、「朝食つき」とか「キャンセル料無料」といった条件が
    ついていたり、いなかったりするので、注意して見てみましょう。


    (4) 口コミをチェックする。

    最後に口コミを見ておいてください。

    一つ一つ口コミを読まなくても点数で大まかな判断をしてもいいのですが、
    もし口コミの中に日本人の口コミがあれば読んでおくと参考になると思います。
    やはり日本人同士の方が感覚が共通している部分があるので。

    特に、悪い口コミがあれば注意して読んでください。
    良い口コミは「快適だった」とか、やや適当に書かれていることもありますが、
    悪い口コミは必ず事実に基づいて書かれていますからね。


    尚、口コミ一覧を表示させたい場合は、あくまで各サイト(Booking.comやExpediaなど)
    に移行してから、表示させるようにしてください。

    Bookingcom

    例えば、Booking.comの場合、上の画面の「お客様の声」というところをクリックすると、
    全ての口コミを読むことができます。
    他のサイトも同様のリンクが必ずあります。

    Hotels Combinedにも、下部に「~に掲載のすべてのレビュー・口コミを読む」という
    リンクがあるのですが、これは直接知りたいホテルの口コミに繋がらないので、
    使わない方がいいです。ご注意を。
    (はっきり言って、このリンクはめんどくさいだけで、意味ないです。)


    以上、簡単にホテル予約サイトの使い方について説明してみました。
    今回はHotels Combinedの例で説明しましたが、他のサイトでも基本的なことは同じです。

    ぜひお得なホテルを探してみてください。



    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ