スポンサードリンク

Top Page > 南アフリカのこと > 南アフリカの街並みと治安
前回、南アフリカは「自然の宝庫」と書きましたが、
大都市周辺は結構、都会です。

サントン2

自分が仕事で滞在していたヨハネスブルグ郊外のサントン地区。
右にそびえ立っているのがアフリカ最大級のショッピングセンター、"Sandton City"。

こういった巨大モール以外にも、スーパーやコンビニが方々にあり、
旅行者がちょっとした飲食物や日用品を買うにも困りません。

南ア街並み1
街中ではこんな西欧的な洗練された建物も目につきます。

「世界で最も危険な都市」などとも評されるヨハネスブルグなもんで、
かなりすさんだイメージを持つ人も多いと思いますが、
旅行者がよく足を踏み入れる郊外の町は、一部ネット上で書かれているような
「リアル北斗の拳」状態なんてことはありません

「世界一治安が悪い」と言われるヨハネスブルグは、
「ダウンタウン」と呼ばれるスラム的な中心部のことを指していて、
郊外だけを見れば、実はそんなイメージとはかなりかけ離れた「都会」です。

もちろん、郊外でも治安は決して良くないので、注意は常に必要ですが、
・日中町中を歩く
・レンタカーで町と町の間を移動する
なんてことは、我々日本人でも十分可能です。

あくまで郊外の一部の地区では、ですが。

自分がサントン地区に滞在していた時は、
初日から地図一つでレンタカーで他の地区や周辺都市(プレトリアなど)との間を
バンバン移動していました。
(今考えると、さすがにやりすぎだったかもしれませんが。。。
まあそれくらい、場所を選べばそこそこ自由に動くことも可能、ということですね。)

英語でコミュニケーションが取れて、行程をしっかり計画できる人であれば、
ヨハネスブルグ郊外に拠点を置いて、レンタカーで動いてみるのもいいかもしれません。


さて、そんな都会的なところもあるヨハネスブルグですが、
都会といっても、高層建築が立っているような場所はごく一部の街中だけで、
国土の大部分はまだまだ手つかずです

南ア道路3
サントン地区の道路風景。
これでもかなり街中なんですが、既に周辺は木々が生い茂る森林状態。

都市部なんですが、のどかな雰囲気です。

南ア道路1
さらに少し外へ出て、毎朝通勤で使っていたヨハネスブルグ内の高速道路。
実は、本ブログのタイトル画像でも使っている写真がこれなのですが、
ご覧の通り、道路脇は完全にサバンナ。

仮にも国内一の都市の中の移動風景なんですけどね。。。
いやー、なかなか体験できない通勤風景ですな

南ア道路2
さらに今度はヨハネスブルグを少し出て、ヨハネスブルグからプレトリアへの道中。

首都へ向かう国道なのに、どんどん景色が山と木と草ばかりに。。。
「絶対、道、間違ったやろ。。。」と不安になりましたが、結局これで合ってました。

南アフリカは都市部周辺でも突然道沿いに何もなくなったりするので、
長距離走るときはガソリンを事前に満タンにしておきましょう。


このように、都市部でもまだまだ整備されているわけではなく、
先進国の大都市と比べると、まだまだ利便性は高くありません。

でも、逆に言うと、都市部でもこれだけの青空と自然が満喫できるのは、
この国の大きな魅力。
もしかしたら世界でもこの国くらいかもしれません。

南アフリカの治安が大きな障害であることは間違いありませんが、
経済が発展して利便性が上がりつつ、一方で広大な自然と青空が身近に残る
この国は、旅行者にとってかなり魅力があると思いますね。

自分もチャンスがあれば、もう一度旅行で行きたい国です。

<おまけ>
街中でも、突然こんなわけのわからない怪しい店が見られるのも、
意外と南アフリカの魅力かも。

南ア変な店
怪しげな店のペインティングも大概ですが、
ランドリー、ビューティーサロン、インターネットカフェ、スキャン、FAXって、、、
いったい何屋やねん。。。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ