スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 海外旅行でのレンタカー活用術。Top Page > お得に旅行するための海外旅行術 > 海外旅行でのレンタカー活用術。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    以前のオーストラリア旅行記の中でちょっと触れましたが、
    海外でレンタカーを運転して旅行するのは格別。

    旅行中の時間をかなり自分でコントロールできるようになりますし、
    目的地までの道中もずっと思い出深いものになります。

    車の運転自体に慣れていない人は難しいかもしれませんが、
    普段から運転し慣れているという人にはぜひ一度海外レンタカーを
    視野に入れてみてほしいところです。

    といっても、「海外でいきなり車を運転するなんてハードル高すぎる。。。」
    と尻込みしてしまう人が多いのが現実だと思います。

    ということで今回は、普段あまり馴染みのない、
    海外でのレンタカー活用術について書いてみます。

    海外で運転する免許を用意するのは簡単。

    海外で車を運転するには、基本に国際免許証が必要です。
    国際免許というと、何か特別な試験などを想像しがちですが、
    実は日本の運転免許証を持っていれば国際免許証を取るのはごくごく簡単

    各地の警察署の運転免許課か運転免許センターに、
    自分の運転免許証、パスポート、写真1枚を持って行くだけ。
    運転免許センターは免許更新でおなじみの場所ですね。

    それだけで、試験も何もなく、「国際運転免許証」を発行してくれます。
    国際免許を持っていても運転できない国が一部ありますが大体の国はそれで大丈夫です。

    <参考>国際免許が使える国→国際運転免許の取得方法

    国際免許さえ要らない国もある。

    国際免許を持っていけば、大概の国で運転できますが、
    アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド
    4カ国の場合は、国際免許証さえ要りません

    レンタカー大手のHertzが運転免許翻訳サービスを行っていて、
    運転免許翻訳フォーム(HDLT)と呼ばれる日本の運転免許証の英訳版を
    一緒に持っていけば、日本の免許証で運転できます

    <参考>HDLTとは

    レンタカーを申し込む際に一緒に翻訳フォームも申し込めばいいだけなので、
    全く手間がかかりません。

    空港でレンタルするのがおすすめ

    自分の経験上、海外で車を運転するにあたって最も注意しなければならないのは、
    交差点での運転のしかたです。

    右側通行、左側通行の感覚の違いというのもありますが、その辺は感覚の問題なので、
    気を付けていればそれほど大きな障害ではないと思います。

    ただ、交差点の場合はいくら事前に気をつけていても、交通量の多い場所では
    どうしても焦ってしまいます。

    たとえば、海外では日本ではほとんど見られないラウンドアバウトという造りになっていて、
    何度か経験しないと混雑時に対応するのはなかなか大変です。

    こういうやつですね。

    Roundabout

    レンタカー会社のオフィスは街中にもあるのですが、
    いきなり慣れないうちに交通量の多い街中を走るとなると、
    プレッシャーが相当かかります。

    ということで、個人的にはもし行程上可能なら、空港で借りていくことをおすすめします。

    通常、空港は郊外に位置していて、交通量もそれほど多くなく、
    道も広いところが多いので、試運転には適していると思います。

    レンタカーは日本で申し込んでいく。

    現地のレンタカー会社オフィスや窓口でもレンタカーは申し込めますが、
    希望の車種を手配してもらえるかはその時の空き状況によります。

    必ず日本であらかじめ予約していくようにしましょう。

    自分が知る限り、値段的に手頃なのはExpediaです。
    Expediaといえば格安ホテル予約で有名ですが、、実は業界大手のHertzレンタカーも扱っています。

    ホテル予約で「業界最安値保証」を謳っているだけあって、
    レンタカーのほ方でも色々なキャンペーン価格を設定しています。

    現地で借りるよりもかなり割安です。

    上に書いた運転免許翻訳フォーム(HDLT)のサービスも受け付けていますので、
    アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでのレンタカーであれば特に、
    Expediaからの申込みが無難だと思います。

    ↓Expediaはレンタカーもお得。


    ⑤ レンタカーを借りるにあたっての注意点

    最後に海外で車を運転するうえでの注意点を。

    まず、年齢です。
    国によるのですが、25歳未満の場合、レンタカーを借りられない場合があります。
    もしあなたが25歳未満であれば、申し込む際に注意書きを確認しましょう。

    そして、申し込むに当って必須になるのがクレジットカードです。

    レンタカーを借りる際には、前払いで料金を払っていたとしても、
    ほとんどの場合、クレジットカードの提示を求められます。

    端的にいえば、支払保証のためです。
    借りて交通違反を犯して逃げたり、車を借りたまま行方不明になったり、、、
    なんてこともありえるわけなので。

    借りる際に「クレジットカードがない」もしくは「クレジットカードが認識されない」
    なんてことになるとシャレにならないので、できれば2枚以上のクレジットカードを
    用意しておきましょう。

    <参考>
    海外旅行におすすめのクレジットカードとは?

    以上、海外でのレンタカーの話でした。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ