スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 海外旅行中のホテルで戸惑いがちな「デポジット」とは?Top Page > 海外旅行で知っておくべきこと > 海外旅行中のホテルで戸惑いがちな「デポジット」とは?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    海外でのホテル宿泊では、日本のホテル宿泊とは感覚が違うことがちょくちょくあります。

    その中でも特に、事前に知っていないと確実に戸惑ってしまうのが、
    それがチェックインの時に要求される「デポジット」

    何を隠そう、自分も初めてこれを言われた時は、脳みそが「???」状態になり、
    フロントで無駄に揉めてしまった過去があります

    ということで、そういったトラブルにならないよう、
    今回はその「デポジット」とは何かについて説明します。

    海外のホテルでは多くの場合、チェックインの時にクレジットカードの提出を求められます。

    これは、チェックアウトの時にホテル代を支払う際、クレジットカード「支払不能です」とか「カードが読み取れません」とトラブルになるリスクを防止するべく、
    カードが使用可能な状態にあるか、事前に確認するためのものです。

    「自分は前払いで宿泊代金を払っているので大丈夫!」と思うなかれ、
    部屋のミニバー(冷蔵庫)の飲み物やホテル内のレストランでの食事などは、
    基本的にチェックアウトの時に一括決済になるので、
    そういった追加料金を考慮してチェックイン時にカード提示を求められる場合があります。

    以前の記事でも書いた通り、海外では今やクレジットカードを持っていないと
    旅行するのもままならないですから、これはもう避けられないことだと思ってください。

    <参考記事>
    海外では「クレジットカード=信用」である。

    とはいっても、最近は日本のホテルでもチェックイン時にクレジットカードの提出を求められる
    ことも増えていますから、クレジットカードをある程度使い慣れている人なら、
    特別戸惑うようなことではないと思います。

    しかし、海外のホテルが日本で宿泊する場合と異なるのはここからです。

    海外では、フロントでクレジットカードを渡すと、
    「"デポジット"としてXXXドルを引き落とします」
    というようなことを言われることがあります。

    自分も初めての時は、そもそも"Deposit"という単語の意味もよくわかっていなかったので、
    「これ、絶対だまされてるやん。。。」と思って、かなり食い下がったんですが、
    よくよく聞くと、正当な手続きでした。

    ホテルの方、ごめんなさい。

    ということで、「デポジット」とは何か?

    デポジットというのは、いわゆる保証金のことで、
    ホテルとして、「チェックアウト時に支払不能にならないように一定金額をキープしておく」
    という目的の一時的な引き落としのことを言います。

    旅行中にカードの限度額まで買い物してしまい、ホテルのチェックアウト時には支払えなくなった!
    なんて可能性もなくはありませんから、ホテル側はチェックイン時点である程度保証金を取っておく
    わけです。

    一般的には、チェックアウト時にその引き落としはキャンセルされて、
    実際にかかった金額の引き落としに変更されます。
    (ですので、クレジットカード明細では、チェックアウト時の引き落としだけが残ります。)

    このデポジットのプロセスは、安いホテルから高級ホテルまで、
    海外ではごくごく普通のプロセスなので、戸惑わないようにしてください。

    日本人的にはあまり馴染みがないので、こういったデポジットの処理中に
    ・お金をちょろまかされるんじゃないか。
    ・誤って二重請求されるんじゃないか。
    などと疑心暗鬼になりがちですが、自分の経験上では、
    この「デポジット」のプロセスで不正請求や二重請求を受けたことはありません。

    自分も最初のうちはナーバスになっていましたが、
    ホテル側もこの種の手続きには慣れているので、二重請求のようなミスは
    そうそう起こさないようですね。

    尚、大体のホテルでは、現金でもデポジットの支払いは可能ですが、
    その場合、通常より多めの保証金を預けるよう求められます。

    それに備えて大量の現金を用意するのも防犯上あまりよくありませんし、
    そもそもホテル側も現金での処理の方が慣れていないので、
    時間がかかる上に、意外と細かいトラブルが起こります

    自分の場合、
    ・ドルで預けたのに、「ドルの在庫が足りないので別の通貨で返したい」と言ってきた。
    ・使えるのか不安になるような「旧札」で返ってきた。
    なんていうことが過去にありました。

    ということで、カード払いがどうしても嫌だ、という人以外は、
    海外旅行にはクレジットカードは必ず1枚は持って行った方がいいです。

    カードを1枚も持っていない人は、以前の記事で紹介している通り、
    あまりクレジットカードの年会費にお金をかけても仕方ないので、
    将来にわたって完全無料にこだわるなら楽天カード、
    より高い信頼と安全性を重視するなら三井住友VISAカード辺りを作って、
    持っていくとよいと思います。
    (三井住友の方も、初めの数年は無料のようなものですが。)

    <参考記事>
    海外旅行に持っていくべき、おすすめのクレジットカードは?

    「もし日本に帰ってから、身に覚えのない請求を見つけたらどうしよう。。。」という
    不安の大きい方は、海外の加盟店の多い三井住友VISAカードの方を作るといいでしょう。
    電話一本で、海外の加盟店から明細書の取り寄せ等の手続きまでやってくれます。


    最後に、クレジットカードの明細については旅行後にちゃんと確認した方がいいです。
    自分はこれまで経験がありませんが、ホテル側が誤ってデポジットをキャンセルし忘れた、
    なんて可能性もなくはありませんので。

    以上、海外ホテルの「デポジット」についての話でした。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ