スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ツアー派でない人でも満足できるツアー会社。Top Page > お得に旅行するための海外旅行術 > ツアー派でない人でも満足できるツアー会社。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    これまでの旅行記を読んでもらうとわかってもらえる通り、
    自分は基本的に「海外旅行ツアー」は使いません。

    旅行に行くときは、飛行機とホテルを自分で別々に手配し、
    移動も公共交通機関を使います。

    最近は、「全てコミコミでXXX円ポッキリ!」的な激安ツアーも増えており、
    コスト的にはツアーの方が安い場合も多いのですが、
    ツアーだとどうしても大事なものが犠牲になってしまいます。

    どんなことが犠牲になるかというと、、、

    1. 移動が他人任せになる。

    自分の経験上、自分で考えて目的地まで行ってこそ、
    旅行の記憶は色濃く残ります。

    旅行によっては、観光地の思い出よりむしろ行く道中の方が
    記憶に残っているくらい。

    これは観光地までのバスツアーのようなものだけでなく、
    例え空港から宿泊ホテルまでの道中であっても同じことです。

    「あー、あそこの空港のバス乗り場で苦労したな―。」とか、
    「タクシーがひどかったなー。」とか、
    「ホテルまでスーツケースを引っ張って歩くの苦労したなー。」とか、
    意外といつまでも思い出に残っているものなんですよね。

    逆に、自動的に目的地まで連れて行ってもらってしまうと、
    空港からホテル、ホテルから観光地といった、
    「点」と「点」を繋ぐ「線」の記憶があまり残らないので、
    どうしても、旅行の思い出=観光地の思い出、になってしまいます。

    その国の本当の雰囲気を感じるには「移動」あってこそ。
    移動を他人に任せてしまっては、旅行の醍醐味を大きく損なってしまう、
    と自分は思います。

    2. いらない行程が入る。

    これはツアーによりますが、安いツアーになればなるほど、
    要らない行程が入る可能性が高くなります。

    よくあるのは、「無駄にお土産屋に寄られる」というものですが、
    そうでなくても、道中の食事なり、そもそもの観光メニューなり、
    どうしても自分とは合わない無駄な部分が出てきてしまいます。

    ツアーを企画する旅行会社も基本的にはちゃんと利益源を確保していて、
    そもそも何のカラクリもない激安ツアーなんてありえません。

    既成のツアーで自分の求めていないものが混じってしまうのは
    ある程度仕方のないことなので、自分で計画して行けるところには
    なるべく自分で行きたいですね。

    3. 旅行の雰囲気が他人に壊される。

    多くのツアーには他にも参加者がいて、ある程度一緒の行動をしないといけません。
    そして、その多くは当然日本人です。

    語弊を恐れずに書くと、
    海外旅行で「日本人同士で一緒の行動を取る」のは最悪のパターンです。

    わざわざ日本では感じられない未知の世界を訪れているわけですから、
    それでは海外旅行の意味は半減します。

    特に日本人同士だとお互い気を使って行動の足並みを揃えようとしたり、
    妙な連帯感が生まれたり、といういうことがありがちなので、
    できるだけ避けたいところです。

    4. オーソドックスな所以外に行くのが難しい。

    これはツアーである以上仕方ないのですが、
    どうしてもツアーとして組まれるのはオーソドックスな場所が多くなります。

    逆に言うと、ある程度旅行会社が組みやすく、参加人数も集めやすい
    「お決まり」のパターンになりがち。

    そういうツアーにはまず「知る人ぞ知る」みたいな場所は入りませんし、
    (ツアーに入る時点で知る人ぞ知る、ではなくなるわけで)
    そもそもオーソドックスなので、「意外な発見」みたいなこともそうはありません。

    むしろ「期待したよりも大したことなかった」的な感想になってしまうことも
    少なくありません。

    それはホテルも然りで、ホテルも付いているツアーの場合、
    どこの旅行会社にも組み込まれる「お決まりのホテル」というのがありまして、
    そういうところ、いわゆる「無難」なホテルであることが多いです。

    大ハズレがない、という意味では悪くはありませんが、
    「人気の高いお値打ちホテル」にめぐり合う確率は低いと言わざるを得ないでしょう。


    ということで、「旅行の醍醐味」という観点から考えた時の
    値打ちは、ツアーよりも個別手配の方が高い!
    というのが自分の考え方です。

    では、「ツアーでの海外旅行は全部値打ちが薄いのか」というと
    実はそんなことはありません。

    最近はそういう「ツアー派でない人」のニーズにも応えてくれる旅行会社も出てきていまして、
    個人手配にも値打ちが匹敵するんじゃないか、と思うものも正直あります。

    そういった旅行会社の中で最近目立ってきているのが、
    Travelwithという会社。

    何が良いかというと、この会社のツアーは
    ・自分で移動
    ・自由行動
    が基本となっていて、
    あくまで飛行機やホテルと最低限のスケジューリングだけをやってくれる、
    というところ。
    ツアーなんですが、上に書いた4点は全て満たしています。

    そして何といっても、値段が安い
    これであれば、個人手配と同じレベルでコストの安い旅行が可能になります。

    無料で相談・見積もりまでできるので、とりあえず候補として見ておいて損のない会社だと思います。
    (ちなみに相談の電話料は無料)

    通常の旅行会社ではない「フリーオーダー」という形での相談が可能なので、
    特に旅行慣れしていない人にはおすすめです。

    "Travelwith"のホームページはこちら
    Travelwith

    アメリカやヨーロッパ方面へのサポートは特に充実しているので、
    旅行を計画している人は見積もりの比較材料にもできるでしょう。

    こういった旅行会社は相談するだけならいくらしても無料なので、
    「なるべく安くなるべく自由に旅行したい」派の人は、
    大手旅行代理店よりこういった会社を活用した方がいいと思います。

    ただし一つだけ、ホテルには気をつけた方がいいです。
    「フリーオーダー」を謳っているとはいえ、旅行会社である以上は提携ホテルというのがあるわけで、そのホテルがどのような評判かは自分でも確認が必要です。

    例えばTravelwithでも、以前の記事でご紹介したドバイの「おすすめしないホテル」である"リビエラホテル"を活用したプランが多いです。
    どこの旅行会社も使っている「ドバイツアーの定番ホテル」なので仕方ないんですけどね。
    個人的には、せっかくのドバイなら他のホテル宿泊のプランを選んだ方が良いと思います。

    参考記事→ドバイ旅行のホテル選び(ツアー編)

    格安で良いホテルの探し方は下記で解説していますので、
    旅行会社にお任せにはせずに、必ず評価や口コミは見ておくようにしましょう。

    <参考記事>
    海外旅行計画のコツ ②格安で良いホテルの探し方

    ツアーで良さそうなホテルの選択肢がない場合、
    またはコスト的に航空券とホテルを個人手配した方が有利そうな場合は、
    格安ホテル検索サイトから別々に手配することも考えていいと思います。

    ということで、今回は珍しく、「ツアー」の話を書いてみました。

    ↓とりあえずTravelwithを知りたい方はこちらから。


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ