スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その1)Top Page > 南アフリカのこと > これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その1)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    前回記事⇒これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(公園施設編)

    ものすごい種類の動物がいるクルーガー国立公園ですが、
    その中でも見られたらラッキーと言われているのがBig 5と呼ばれる5種類の動物。

    クルーガー国立公園 Big5

    ゾウ、ライオン、サイ、バッファロー、ヒョウ

    この言葉のもともとの由来は、
    「ハンターたちのとって、そのサイズや獰猛さから捕獲の難しい5種の大型動物」
    のことを"Big 5"と呼んでいたもの。

    ということで、厳密にはBig 5=「旅行者が見るのが難しいTop5」ではないのですが、
    実際この種の大型動物は生息数が少なく、ここに生息する動物の中でも、
    遭遇する確率がかなり低い部類の5種類です。

    これがいつの間にか、旅行者の間で「ゲームドライブの中で見るべき5頭」として定番となり、
    今や「Big5のコンプリート」が、ゲームドライブの一つの目標として根付いています。

    といっても、こんなとんでもなく広大な敷地の中で、お目当ての動物を探し当てるなんて
    素人にとっちゃ至難の業なわけで、、、
    そこで、旅行者の一つの手がかりになるのがこれ。

    クルーガー国立公園 Sighting Board
    インフォメーションオフィスにある、"Sighting Board"という目撃情報板。
    周辺エリアで前日と当日に目撃された地点に印がつけられていて、
    まずはこれを見て、向かう先を決めます。

    そして、いよいよゲームドライブに出発。
    ここからは、今回遭遇した動物たちを、希少度別にピックアップして紹介します。
    (実はこの時、うっかりものすごく古い旧型デジカメしか持っておらず、
    画像が粗いのはご愛嬌ということで。)

    【希少度-低】
    割としょっちゅう見る、遭遇してもあまりありがたみのない動物。

    クルーガー国立公園 インパラ

    この公園内に最も多く生息するのが、インパラ
    こっちから探さなくても、そこらじゅうにいます。

    「木の陰に何かいる!」と思って見たらインパラだった時に、
    「なんや、インパラかい!」とイラッとしてくるくらいたくさんいます。
    その生息数、実に150,000頭とか。

    クルーガー国立公園 アンテロープ
    ちなみに、似たようなシカ系の動物では、アンテロープも定番。
    インパラに比べるとぐっと数が減ります。
    日本語でいうと、レイヨウとかカモシカ、と呼ばれることが多いですかね。
    インパラより角が立派です。

    クルーガー国立公園 牛

    他によく遭遇するのが牛系の動物たち。
    よくいるのがアフリカスイギュウという黒いもっさりした牛。
    「スイギュウ」という名前ですが、水辺にいるわけではないんですね。

    この水牛、初めは「牛の群れ発見!」と興奮しますが、
    途中からは遭遇しても何も感じなくなります。

    また、同じ牛系でもう1種類メジャーなのが、ヌー

    クルーガー国立公園 ヌー
    いわゆる牛に比べると、異様に痩せているのが特徴。
    体の皮のたるみ方が悲しげに見えるんですが、もともとこういう動物なのでヌー自身は何も感じてないでしょう。

    スイギュウやヌーは、Big 5の1つであるバッファローと見た目が紛らわしいので、
    終盤は、「バッファローちゃうやん」と
    イライラの対象にされがちです。

    クルーガー国立公園 シマウマ

    そして、サファリでの草食動物の定番といえばシマウマ
    日本の動物園ではそれなりに人気のある動物ですが、
    クルーガーでは全く貴重じゃありません。
    それくらい多く目にすることができます。(イラッとするほど多くもありませんが。)


    シカ系動物、牛系動物、シマウマ。。。

    当たり前のことながら、希少度の低い動物というのは、多くが比較的小型の草食動物。
    肉食動物の餌となる動物たちですから、数も当然多い、と。
    ここは、「食物連鎖」をヒシヒシと感じられる場所です。

    他では、イノシシ(野ブタ?)や猿などもよく見られますが、
    この辺は日本にも結構いるので、正直あまり目を引きませんね。。。

    続いて、「希少度-中」の動物たちを見ていきましょう。
    と言いたいところですが、ぼちぼち長くなってきたので続きは次回の記事にて。


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ