スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その3)Top Page > 南アフリカのこと > これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その3)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    これまでの記事
    これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(公園施設編)
    これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その1)
    これこそ本当のサファリ。クルーガー国立公園。(動物編その2)

    【希少度-高】
    なかなか遭遇できない、お宝動物。


    さて、いよいよ最も希少度の高い動物たちの登場です。

    まずは、誰もが知る百獣の王・ライオン

    クルーガー国立公園 ライオン3

    やはり「サファリで見たい動物No.1」でしょう。

    しかし、クルーガーで素人がライオンにお目にかかるのはなかなか大変。
    「適当に車で走っていて突然道端にいた!」なんてことはまずないです。
    レンジャーを付けていれば、いそうな場所を狙えるのでしょうが、
    素人ではそういうわけにもいきません。

    そこで、このレベルの希少動物になってくると、
    車で走りながら動物を自分の目で探す、というよりは、
    「路上に停まっている車」を探す方がメインになってきます。

    どういうことかというと、、、
    ①誰かが遠くにライオンを見つけると、停車して望遠鏡等で観察し出す。

    ②その姿を見て他の車もその周辺に停まり、一緒の方向を観察し出す。

    ③複数の車が停まっているところには、希少動物がいる可能性が高い。
    ってな簡単な理屈なんですが、、
    要は、車が複数停まっている場所に合流した方が手っ取り早いんですね。

    上の写真も、薄暗くなってきた頃に2,3台が道端で遠くを見ていたので、
    合流してみると、確かにおぼろげにライオンの姿が。

    クルーガー国立公園 ライオン2

    これが少しでもこちらへ近づいてこないか、じっと観察して待つわけですね。
    運が悪いと、何十分も待ってさらに遠くに行ってしまうこともざら。

    今回は運良く近づいてきたので、何とか薄暗いながらもその姿をパチリ、と。

    ただ、これはあくまで運が良買った場合で、、、

    クルーガー国立公園 豹

    ヒョウに関しては、こんな感じでおぼろげに見ることしかできませんでした。

    ヒョウはライオンよりさらに見るのが難しいので、
    こうやって見られただけでも御の字ではあるんですけどね。

    うーん。。。これで「ヒョウを見た!」と言えるのか。。。
    という葛藤も頭の片隅にありつつも、見られたことに変わりはないので、
    ゾウ、ライオンに続いて、Big5の3頭目の目撃達成、と。

    ちなみに、実は肉食獣の中で、ヒョウよりさらに見るのが難しいのがチーターだそうで。
    といっても、そもそもヒョウとチーターなんて見分けつかないけどね

    チーターとヒョウ

    上がチーターで下がヒョウですね。
    うーん、遠目からはほぼ一緒ですな

    そして、Big5の残る2頭。
    サイは、1回遭遇できたんですが、写真が撮れませんでした。
    いやー、もっさりしているように見えて、結構すぐ逃げちゃうんですよね。

    「またチャンスあるだろう」と油断していたらそれっきり。残念。

    野生のサイのほとんどは南アフリカに生息していまして、
    このクルーガー国立公園にもシロサイとクロサイの2種類がいます。
    自分が見たのはシロサイでしたが、クロサイはかなり見るのが難しいそうで。

    そして最後のもう1頭、バッファローなんですが、、、
    実は、これは見たかどうか、記憶が定かじゃありません。
    前回書いた通り、他の牛系の動物との見分けが厄介なこともあって、
    あまり意識して見てなかったんですよね。

    うーん。痛恨のミスや。。。

    ということで、
    Big 5コンプリートが達成できたかどうかは微妙なところなんですが、
    素人でも1泊してひたすら走り回れば、何とかこれくらい見られます。

    逆に言うと、レンジャーをつけないと、このくらいのレベルです。
    Big5レベルを間近で見るのはなかなかの至難の業ですね。

    レンジャーをつけるか、自分で探し回るかは難しいところですが、
    この広大なサバンナの中を自分で走って動物を探し回るのも、
    それはそれでなかなか他に替えがたい体験でした。

    どちらがいいかは難しいところですが、
    もし自分で四駆で走り回る気合いのある人は、
    セルフでチャレンジする価値はあると思います。


    ちなみに、このゲームドライブとは別に、
    各キャンプからは夜間の動物観察ツアーが出ていまして、
    レンジャーが夜の公園内を案内してくれます。

    クルーガー国立公園 キリン(夜)
    暗くてよくわかりませんが、夜のキリンです。

    自分が参加した日は、大した収穫はありませんでしたが、
    ヒョウなどは基本夜行性なので、運がよければ昼間に見られなかった希少動物に
    間近で遭遇できるかも。

    クルーガー国立公園、朝から夜まで動物ざんまいです


    ということで、4回にわたってクルーガー国立公園のことを書いてきましたが、
    それだけ記憶に残る、スケールの大きい場所でした。
    特に、動物好きの人にはおすすめです。

    おすすめ度:S
    (人生に一度、こういうサファリ体験するのもありかと。
    南アフリカを訪れるなら絶対行ってほしい場所。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ