スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 海外旅行で知っておきたい「得する外貨両替のコツ」 Part.2Top Page > 日本円からの両替のコツ > 海外旅行で知っておきたい「得する外貨両替のコツ」 Part.2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    外貨両替2

    前回記事⇒ 海外旅行で知っておきたい「得する外貨両替のコツ」

    前回は、外貨両替に関する基本的な考え方について書きましたが、
    今度は現地での両替についてもう少し具体的な話をしてみたいと思います。

    (1) 現地での外貨両替はどこがお得?

    現地に着いてから両替する場合、両替できる場所は大きく分けて4つです。

    ①現地の銀行
    ②空港の両替所
    ③市中の両替所
    ④ホテル(そこそこ大規模なところ)
    ⑤空港や銀行、スーパーなどにあるATM

    ①~④の中では、原則、①>②>③>④の順にレートが良くなります。
    (あくまで原則で、国によって若干変わります。)
    ⑤は、両替というよりは前回も説明した「キャッシング」ですね。

    前回説明した通り、最もコスト的に得なのは⑤のキャッシングですが、
    現金両替の中では①の銀行が一番良いことになります。

    では、常に現地の銀行で両替すればいいじゃないか、となりそうなものですが、
    銀行での両替にもデメリットはあります

    <現地の銀行で両替する際のデメリット>
    ・そもそも場所が限られている。
    ・銀行の営業時間内のみの対応。
    ・パスポートを提出して申請書に記入せねばならず、お手軽じゃない。
    ・あくまで通常の銀行窓口なので、場合によっては結構待つことも。

    旅行中に実際試してみるとわかりますが、
    「銀行の営業時間内にそこまで出向き、申請書を書いて順番待ちをする」
    というのは、行程スケジュールに結構影響してくるんですよね。

    両替レートが空港や市中の両替所とそれほど変わらない場合は、
    個人的には両替所の方をおすすめします。

    ただし、国によっては異様に空港でのレートが高かったりするところもあるので、
    ある程度確実にいいレートで換えられるという意味では、やはり銀行ですね。

    一方、ホテルは旅行中でも安心して両替できる便利な場所ではあるのですが、
    レート面では、できる限り避けた方がいいでしょう。

    また、「街中の両替所はちょっと不安」という人は、
    ショッピングモールの両替所で換えるとよいと思います。
    (ショッピングモールのあるところなら、ですが。)

    ショッピングモール内に入っている両替所はほとんどが大手のチェーンで、
    システム化されていますので、信頼性は高いです。


    (2) 【国別】外貨両替のおすすめポイント

    日本人がよく観光に行く国について、おすすめの両替法を書いてみたいと思います。

    UAE(ドバイ)

    このブログで最も多く取り上げている、自分が以前住んでいたUAEですが、
    前回も書いた通り、UAEディルハムは米ドルに完全に連動しています。

    ですので、UAEディルハムに替える際は米ドルから替えるのが鉄則

    空港でもかなり手数料は低いので、空港で替えてしまってOKだと思います。
    市中で替える際は、ショッピングモールの両替所で替えるといいでしょう。

    タイ

    実はタイはやや特殊で、上に書いた原則から外れており、
    銀行よりも市中の両替所がレートが得です。

    これはタイでは日本円が驚くほど流通して使い勝手がよいため、
    手数料がかなり低く抑えられているためです。

    両替所は総じて手数料は安いですが、その中でも低レートで有名なのが、
    VASU EXCHANGE、タニヤスピリット、Super Richといった両替所で、
    手数料が0.5%以下という安さ。

    前の二つは、繁華街に近い便利な場所にありますし、
    Super Richは大手両替所のチェーンなので、安心です。

    空港もそこまで高くはないので、すぐに必要な分だけは替えてもいいでしょう。

    オーストラリア

    オーストラリアドルは正直微妙です。
    というのは、基本的に現地で両替した方がレートは良いのですが、
    場所によっては手数料を無駄に取るので、逆転現象が起こることがあります。

    例えば、シドニーの空港では、成田空港よりレートが悪いことがほとんど。

    現地の銀行で両替するのが最も良いと思いますが、
    それが難しい場合は、空港ではなく街中の両替所での両替がよいでしょう。

    どちらにしても、オーストラリアでは、他の国と比べても両替に無駄な手数料を
    取られてしまうことが多いので、できるだけクレジットカードを利用、
    現金が必要な場合はキャッシング利用をおすすめします。

    オーストラリアはほぼどこでもクレジットカードが使えるので、
    クレジットカードを持っておくことが最も重要な国の一つです。

    逆にクレジットカードなしでは厳しいので、持っていない人は作成必須です。

    海外旅行におすすめのクレジットカードはこのカード。

    韓国

    韓国ウォンの両替は、公認両替所という政府公認の両替所が最も得。
    空港での両替はやや高いです。

    また、繁華街のある明洞にあるセブンイレブン明洞店は、
    韓国銀行と直で取引しており、レートも良いということで有名です。

    24時間営業なので、困ったらここに行くのがおすすめです。

    中国

    中国の人民元は、両替レートが中国銀行にコントロールされているので、
    現地ではどこで両替してもほぼレートは同じです。

    ホテルも銀行の出張所扱いなので、基本的にはレートは変わりません。

    ただし、空港ではレート以外に両替手数料を上乗せされるので、
    実質的なレートは悪くなります。

    現地の銀行に行くのもでもいいですが、宿泊しているホテルで替えるのが
    最もお手軽で安心だと思います。

    シンガポール

    シンガポールは非常にシンプル。
    街中の銀行か両替所で替えるのがレートはいいですが、
    空港でもそれほど手数料は高くないので、空港で替えてしまうのも手でしょう。


    とりあえず、超人気旅行地はこんなところでしょうか。
    こういった国ごとの「コツ」を知っておくだけでも、かなり無駄な出費の削減になると
    思うので、ぜひ参考にしてみてください。

    また、余力があればPart.3で他の国についても書いてみます。

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ