スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 南アフリカで最高の大迫力の自然がここに。「パノラマルート」の絶景。Top Page > 南アフリカのこと > 南アフリカで最高の大迫力の自然がここに。「パノラマルート」の絶景。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    南アフリカ パノラマルート5

    ヨハネスブルグからクルーガー国立公園へ向かう途中、
    クルーガー国立公園から見て西側に、
    パノラマルートと呼ばれる、山の中のドライブコースがあります。

    このエリアの観光地としてはとにかくクルーガー国立公園が圧倒的に有名なため、
    海外からの観光客にはあまり注目されていないようですが、
    実はここ、自然に囲まれた南アフリカの中でも、最もダイナミックな自然の絶景を
    目の当たりにできるスポットと言っても過言ではない場所なんですね。

    マップ的にはこの辺↓
    パノラマルートマップ

    ムハマランガ州に位置する「ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区」
    というエリアですが、実はこのブライデ・リバー・キャニオンは、
    アメリカのグランドキャニオン、ナミビアのフィッシュ・リバー・キャニオンに次いで
    世界で3番目の大きさの大渓谷だそうで。

    とにかく、ここは自然のスケールがどでかいです。

    ルートの中には、山の上からの絶景だけでなく、
    麓の町や滝、洞窟などの見どころが多く、そっちもめちゃくちゃ気にはなったんですが、
    今回の行程では、クルーガー国立公園に行った後、ヨハネスブルグまでの帰り際に
    寄ったため時間がなく、とにかく山の上からの絶景を目指しました。

    南アフリカ パノラマルート

    右も左も見渡す限り緑の自然。
    対向車も滅多に通らないので、余計に広大に感じます。

    途中で、「この景色が永遠に続くんじゃないか」と変な錯覚に陥ったくらい。

    南アフリカ パノラマルート2

    山が見えてきました。
    お、珍しく対向車。

    もうね、こんな中を走っていると、自分という存在がすごく小さく感じるわけです。
    ここを車で走っているだけで、大自然にパワーを与えられているような気が。

    そして、山岳地帯を走り、いよいよ山の上のビューポイントへ到着。

    南アフリカ パノラマルート4
    これぞ、大自然!どどーん!

    景観としては、以前オーストラリア旅行記で書いたブルーマウンテンズに似てますが、
    スケールはこちらの方が上です。

    というのも、上で、「ここは世界で3番目の大渓谷」と書きましたが、
    グランドキャニオンとフィッシュリバーキャニオンはいわゆる「岩山」なので、
    緑に覆われた渓谷としては、ここは世界一なわけですよ、実は。

    さらに、ブルーマウンテンズとは違って人があまりいないので、
    「大自然に囲まれている」感が半端ない。

    ただただ、じーーー、、、と圧倒的な大自然を眺めてました。

    南アフリカ パノラマルート6

    こちらは「岩の塔」と呼ばれる別のビュースポット。
    この突き出た岩が何とも神秘的ですな

    そして、ここのもう一つの景観の魅力はやっぱり「水」ですかね。
    「ブライデ・リバー・キャニオン」というだけあって、このエリアは水も豊富。

    一番上に写真を載せたのが最もお気に入りの景観ですが、
    遥か彼方のなだらかな山並みと遥か800m下方に青い水を湛えた湖との
    コントラストはただただ絶景です。

    この光景を目に焼き付けて、ヨハネスブルグへの帰路に着いたのでした。

    おすすめ度:A
    (南アフリカに行くなら、絶対に見ておきたい絶景。
    クルーガーだけで終わらせるのはもったいない。
    このパノラマルートのために1泊する価値も十分あるかと。)

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ