スポンサードリンク

Top Page > 海外旅行でのマイルの基礎知識 > マイレージプラスの国内特典航空券がさらにお得になった話。
今回は久々に、飛行機のマイルの話について。

以前の記事で書いたのですが、
自分の数多くの海外旅行と海外出張の経験の中から、
マイルを貯めるのに最もおすすめできるマイレージプログラムは、
ユナイテッド航空のマイレージプラス

そして、最もコスパ良くマイルを貯められるクレジットカードは、
MileagePlusセゾンカード

今のところ、マイルを貯めるのに最もコスパが良いのはこれだと思っています。

<参考記事>
結局、マイルを最も効率的に貯めるにはどうしたらいいか?

日本に住んでいると、JALやANAに乗る機会が多いと思いますが、
その場合は、ANAに乗りつつ、マイルはマイレージプラスに貯める。
コスパ的にはこれが鉄則です。

マイレージプラス

実際、マイレージプラスはGlobal Traveler誌の読者投票で毎年
「世界で一番魅力的なフリークエントフライヤープログラム」に選ばれているわけですが、
今回、そのマイレージプラスの特典航空券への交換条件がさらに得になりました。

【これまで】
国内片道航空券の発券に10,000マイル必要

【変更後】
国内片道航空券の発券に5,000マイル必要

※ただし沖縄線は8,000マイル

国内片道航空券をゲットするのに必要なマイル数が半分になりました。
これはちょっと驚きの水準。
国内どこでも、たったの5,000マイルで行けるわけですからね。

この5,000マイルという水準がどれくらいすごいのか、
試しに計算してみると、、、

まず、5,000マイルを金額換算すると、
1マイル=1.5円で計算すれば、何と5,000円 x 1.5 = 7,500円。
これだけで、例えば北海道まで行けてしまうわけです。

また、クレジットカードの使用額で考えてみると、
自分が使っているMileage Plusセゾンカードの還元率の場合、
1.5%のマイルがつくので、5,000マイル÷1.5%= 約33万円分決済するだけで、
国内航空券がもらえる計算になります。

<参考記事>
「1マイル」って何円くらいの価値があるの?

そしてダメ押しとして、
今年からは、昨年までは優良だった税金や手数料も無料に。

いやー、ここまでやるか、という感じですが、
世界一のマイレージプログラムの座がますます盤石になりました。

以前、ANA派の人はマイレージプラスに乗り換えた方がいいと書きましたが、
国内航空券も交換の選択肢に入る人は、いよいよ乗り換えた方がよさそうですね。

本音では日系航空会社にもどんどんお得度を上げていってほしいのですが、
これは当分追いつかないでしょう。

Mileage Plusセゾンカードでマイルアップメンバーズをつけた場合、
マイル還元率1.5%、1マイル=1.5円で計算すると1.5% x 1.5 = 2.25%ですから、
全クレジットカードの中でもトップクラスの水準です。

カード名MileagePlusセゾンカード
マイルユナイテッド航空 マイレージプラス
バナー
特徴マイルアップメンバーズをつければ最強クラス。

マイル派の人にはこのカードが鉄板だと思います。

「マイルにこだわらない」という人には、楽天カードか三井住友カードがおすすめです。
こちらの記事も参考にしてみてください。

<参考記事>
海外旅行におすすめのクレジットカードはこの2つで決まり。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ