スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > 【2018年版】海外旅行におすすめできるクレジットカード。Top Page > 未分類 > 【2018年版】海外旅行におすすめできるクレジットカード。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク


    <海外旅行で知っておきたいクレジットカードの知識>

    1, 海外旅行ではクレジットカード払いが得。
    2, 海外旅行でのクレジットカードの「キャッシング」とは?
    3, 海外では「クレジットカード=信用」である。
    4, クレジットカードの「海外旅行保険」とは?
    5, 自分が海外旅行におすすめするクレジットカード2選。
    6, もしクレジットカードのトラブルがあったら?



    【2018年版】自分が海外旅行におすすめするクレジットカード

    ここ10年くらいでの海外旅行や海外出張の経験から、自分は相変わらず三井住友VISAカードと楽天カードの2枚を使っています。
    海外使用に備えてクレジットカードを持つならこの2枚で十分です。1枚が何らかの理由で使えなくなった場合に備えて2枚持っておくことに越したことはないですが、2枚持つのが嫌な人はどちらか1枚でもいいと思います。

    その場合、
    ・ポイント還元にそれほどこだわらず、クオリティや安心を重視する人は三井住友VISAカード
    ・クオリティはそこそこでもお得にポイントをためることを重視する人は楽天カード
    を選べばいいでしょう。

    ちなみに、プレミアムカードやゴールドカードといったカードランク/カード種類のことを色々語るサイトが多いですが、あまり神経質にならずとも、とりあえず作るならノーマルなカードで十分だと思います。
    少なくとも、自分はこれまで100回以上様々な国に海外渡航していますが、ノーマルカード2枚で困ってませんから。

    カード種類は、どの程度の年会費ならかけられたり、特別扱いを求めるか、といった個人の嗜好次第です。
    自分も過去に、特別特典に惹かれて結構な年会費のクレジットカードを作ったこともありますが、自分の場合、カード特典って思ったほどうまく利用できないことが多いもので、今はノーマルカードにしています。

    まあ、後からでもグレードアップはできますので、明確に「この特典が絶対使える!」ということでなければ、ノーマルから始めるので十分かと。
    もしグレードアップしたくなれば、後からでも変えられますし。

    ちなみに年会費については、三井住友VISAカードが初年度無料・2年目以降810円、楽天カードは永久無料。
    当然、年会費無料の楽天カードの方がコスパはいいですが、三井住友VISAカードもサポートの信頼度を考えるとこの程度の年会費は気にしなくてよい水準でしょう。

    ということで、以前もこの2つのカードについては紹介したのですが、2018年版の最新情報で書き直しておきたいと思います。
    (前回から大きくは変わりませんが。)

    三井住友VISAカード

    数多くのクレジットカードブランドがある中で、 ブランドとして一番信頼性が高いのがおそらくこの三井住友VISAカードです。
    日本で2,300万人以上の会員を抱えるカードなので、まあ必然的にそうなりますよね。

    最近はカードのブランドにかかわらず、VISAカードであれば海外のどこでも使える確率が高くなってきていますが、その中でも三井住友VISAカードの信頼性は高いです。
    よく詳細はわからないのですが、海外に何度も行っているとごくたまに「このクレジットカードがは使えない」と言われる事態に遭遇します。読取機の問題なのかカード自体の問題なのかわかりませんが、実際あるんですよね。

    ただ、そういう確率でいうと、三井住友VISAカードが使えない可能性はかなり低いです。
    自分の経験上、カードが原因で使えなかったことは記憶にありません。
    (読取機の通信機能が故障したとか、店側の理由で使えないことはまれにありますが。)

    実際、他のVISAカードでダメだったのに三井住友VISAカードを出したら支払えた、ということも過去に数回ありました。
    これはあくまで自分の経験則なのでたまたまかもしれませんが、少なくとも「三井住友VISAカードがダメなら他のVISAカードもダメ」
    というのは言えると思います。

    そしてもう一つは、セキュリティとサポート

    海外でクレジットカードを使うと、盗難やスキミングなど不正使用のリスクはつきまといます。

    その点におけるこのカードのセキュリティ、サポートの安心感は圧倒的。
    ちなみに、自分もスキミングを何度か食らってますが、実害が出たことはありません。

    三井住友VISAカードはICチップ搭載でセキュリティレベルは一段上ですし、不正利用は24時間体制で監視され怪しい取引はカード会社側でチェックしてくれ、万一不正利用の被害にあっても60日間前まで遡って損害補償されます。
    自分が過去にスキミング被害にあった際もカード会社側から連絡あり、電話での確認で不正利用を消してくれました。

    銀行系カードなので、オペレーターのサポートもレベル高いです。24時間年中無休・フリーダイヤルで受け付けています。
    また、世界の主要都市に設置されている「VJデスク」というのがありまして、そこでもカードやパスポートの紛失・盗難時のサポートを日本語で行ってくれます。

    ちなみに、ノーマルカードには2種類あり、海外旅行保険50万円が自動でつく「クラシックカード」と、海外旅行保険100万円が自動でつく「クラシックカードA」が選べます。
    個人的にはクラシックカードでも十分と思いますが、年会費の差がたった250円なので、より大きな安心を求めるならクラシックカードAの方を選んでもよいと思います。
    年会費は、 インターネット申込みの場合、クラシックカードで、初年度無料、2年目以降は年間1,250円+消費税=1,350円。
    クラシックカードAの場合は2年目以降1,500円+消費税ですね。

    三井住友カード一覧はこちら

    カード利用代金をWeb上で閲覧する「Web明細書サービス」にすれば、 クラシックカードなら毎年500円+消費税=540円割引なので、810円/年。これなら年会費を気にする必要もないでしょう。

    また、入会キャンペーンと称したキャッシュバックがあるので、実質的には当初数年は年会費負担がないのと同じことです。

    三井住友VISAカード
    世界で一番使えるカードと言ってもいいほど、ほとんどの場所で使えます。
    銀行系のカードでありながら年会費負担が少ないという意味では希少な1枚。
    もし迷うならとりあえずこれを持っておけばいいと思います。




    楽天カード

    楽天カードの魅力は、何といっても年会費無料でポイント還元率が高いこと。
    もともと"1%"という水準でも十分高いのですが、ここにきて年々、楽天関連の特典がどんどん上がっていまして、最新の改定(2017年10月)では、楽天市場や楽天ポイント加盟店では最低でも4.0%。他の条件も満たせば最大7.0%、さらに5の倍数の日に利用すると+2.0%で最大9%の還元と、すさまじい破壊力になりました。
    自分は楽天市場を日常で使うので、何も意識しなくてもポイントが勝手に貯まってます。
    そのポイントで楽天市場で買い物できる、というサイクルです。

    他のクレジットカードはなかなか太刀打ちできないレベルのお得さになってきていると思います。

    ということで、通常のクレジットカードとして国内で使うだけでも十分魅力的なのですが、楽天カードはそれに加え、海外旅行保険やそのサポートも充実。

    海外旅行保険のところで説明した「治療費」も200万円まで補償されます。
    三井住友VISAでも100万円までなので、これはすごい水準。

    しかも、三井住友海上の提供する 海外アシスタンスサービス医療費キャッシュレスサービス まで利用できます。

    前回、現地では予期せぬ高額な治療費がかかることがある、と書きましたが、 そんな現金を持っているわけはありません。
    キャッシュレスサービスは、そんなときに医療費をこの海外旅行保険機能で処理してくれる、 というもの。

    年会費無料とは思えないほど、海外旅行への補償度の高いカードです。

    残念なのは、以前は楽天カードには毎月エントリーする「キャンペーン」というのがありまして、 エントリーすれば海外での使用に対してさらにポイントをつけてくれていたのですが、最近はそれはなくなってしまいました。
    <参考記事>
    知っておきたい楽天カードのお得なキャンペーン

    まあそれでも、十分お得なカードです。
    新規入会特典として 5,000円~8.000円分のポイントプレゼントのキャンペーンをやっているので、年会費がかからないどころか、入会するだけで得ですしね。

    強いてこのカードの弱点を挙げるとすると、キャッシングを使った際に自動的に「リボ払い」になってしまう、というところでしょうか。
    正直、これはめんどくさい。
    <参考記事>
    海外旅行初心者のためのわかりやすい「クレジットカードの仕組み」

    後で簡単にネット上で変更できるので、一括返済に変更すれば済む話ですが、キャッシングメインでクレジットカードを持ちたい人は、三井住友VISAカードの方をおすすめします。(両方持つ場合は、三井住友VISAの方でキャッシングするのがおすすめ)

    もし2枚あれば、還元率の高い楽天カードで全て支払い、万一使えなかった時やキャッシング用に三井住友VISAカードを持っておく感じで鉄板かと。それで両方のカード合算の海外旅行保険も得られます。VTJデスクが利用できるのも安心。

    楽天カード
    年会費永久無料ではこのカードがダントツ。しかも作って1回使うだけで5000円プレゼントのお得さ。
    ときどき還元額増額のキャンペーンまでやってます。 




    まとめ

    かれこれ10年以上この2枚で十分こなせています。
    入会時の還元を考えれば、2枚とも年会費はかからないも同然なので(楽天はそもそも無料ですが)
    どちらも持っておいて損はしないと思います。
    お得さに興味なく、安心感があればよい、という人は三井住友VISAカードだけでもいいかと。

    カード名三井住友
    VISAカード
    楽天カード
    特徴ほとんどの場所で使え
    サポート体制も高い。
    ポイント還元率が圧倒的で
    保険サポートも充実。
    年会費1,350円(初年度無料)
    Web明細書で810円
    永久無料
    カード申込三井住友VISAカード入会楽天カード新規入会

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ