スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > マスカット到着!Top Page > オマーンという国 > マスカット到着!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2010
    04
    10

    マスカット到着!

    さて、UAEからオマーンに入りました。

    IMG_0180_convert_20100406035855.jpg
    オマーンに入ると、モニュメントと国旗がお出迎え。
    オマーンはこういったモニュメント的なものが好きらしく、
    マスカットまでの道中では、こんなモニュメントによく出くわします。

    国境からマスカットまでは、結構単調な道のり。
    全然景色が変わりません。

    オマーンへの道6

    時々道端にラクダを引く人がいたりしますが、
    それ以外は木と砂と民家ばかり。

    オマーンへの道8
    2時間以上走り続け、暗くなってきました。
    ほら、周りの景色あまり変わってないでしょ

    そして、いよいよマスカットの街中へ到着!

    オマーンへの道9
    意外にも、路肩や歩道橋は色とりどりにライトアップされています。
    なかなかきれいなものです。

    IMG_0203_convert_20100406041528.jpg
    丘の上に立つマトラフォート。(フォートは砦"とりで"の意味)
    白く光って荘厳な雰囲気です。
    内部は一般公開はされていません。

    普通に街中にこういった砦が残っています。
    オマーンでは各地にこういった"フォート"があって、
    観光スポットになっています。

    着いたのが夜だったので、この日はスークだけ寄って、
    ホテルへ。

    各スポットについては次からの記事にて。

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ