スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > マトラスークTop Page > マスカットのみどころ > マトラスーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2010
    04
    17

    マトラスーク

    ホテルなども密集するマスカットの中心部から
    東へ向かった海岸沿いに位置するのがマトラ地区

    マスカットマップ
    向かって左側がマスカット中心地、海岸沿いにマトラ地区があります。

    IMG_0203_convert_20100406041528.jpg
    丘の上の砦に見下ろされる海岸地区ですが、
    週末だったこともあるのか、とても賑わっていました。
    写真でも車が渋滞しているのがわかるでしょうか。

    そのマトラ地区の観光スポットといえば、マトラスーク
    土産物屋やアクセサリー屋などが軒を並べる商店街です。
    マトラスーク2

    マトラスーク3
    入口から人がごった返しています。
    ところ狭しと並ぶ店も活気があります。
    店先にテーブルを出して商売している姿もあちこちに。

    マトラスーク4
    店の印象は、「ごちゃごちゃと不思議なものがたくさんある」感じ。
    正直、何なのかわからない怪しいものも結構ありました。
    こういうところに意外な掘り出し物もあるのかもしれませんが。

    マトラスーク5
    オマーン名物の短剣。
    「ハンジャル」と呼ばれているそうです。
    もともとはオマーン人男性が腰に身につけるものだとか。

    マトラスーク1
    ほら、店内結構ごった返してるでしょ
    そしてなぜか、店員の多くがアラブ人でなく、インド人。
    そしてなぜか、客の多くもインド人。

    インド人ってほんと世界中にたくさんいるなー。。。

    ということで、このマトラスーク、
    良い意味でも悪い意味でも、すごく"地域"感が出ていて、
    雰囲気のあるスークです。

    よく目についたのは、短剣と香水でしょうか。

    短剣は大小かなりの品揃えだったので、
    興味があれば、見て回るだけでも面白いかもしれません。
    銀製のものなんかは結構高いらしいです。
    1本50,000円くらいするとか。

    香水は好みに合わせてその場で調合してくれます。
    香水好きの女性にはたまらないのかなー。

    他にも乳香など、オマーンならではのものが
    色々売っています。
    オマーンのお土産を探すのに是非訪れてみてください。

    ただ、ドバイに比べると、
    「お土産」として買えそうなものが少ないかなー。。。

    お勧め度:B
    (オマーンのお土産を買うには是非。雰囲気もある。)

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ