スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2010
    05
    28

    Wild Wadi

    ドバイのみどころ。
    今回はドバイのウォーターテーマパーク・"Wild Wadi"です。

    ドバイには有名な巨大プール施設が2つありまして、
    一つは、新興ホテル"Atlantis"の横にある"Aquaventure"、
    もう一つが7つ星ホテル・Burj Al Arabの横にある、この"Wild Wadi"です。

    3年以上、プールへは一度も行ったことがなかったのですが、
    先日ようやく行ってみました。

    Wild Wadi 1

    ドバイでは、海や屋外プールへ出かけるタイミングが結構難しく、
    これまでなんやかんやで行けていませんでした。

    日本なら真夏がプールには最適なんでしょうが、
    こっちで下手に真夏に屋外へ遊びに出てしまうと、
    50度の気温の中で悶え苦しむことになりかねませんからね

    ということで、今回は暑さが本格化する前に行ってきました。

    さて、この灼熱の地にあるウォーターテーマパーク、
    一体なんぼのもんか、と期待半分で行ってみましたが、
    さすがドバイのテーマパークだけあって、
    エンターテイメントの種類はなかなかのもの。

    Wild Wadi ウォータースライダー
    滑り台を一気に滑り落ちるウォータースライダー。
    これ、手すりが低くてメチャメチャ怖いです。

    Wild Wadi ボディボード
    激しい水流の中を乗るボディボード。
    やたらとうまい常連みたいなやつがいて、ちょっと鬱陶しい

    Wild Wadi 波のプール
    波のプール。水面が波立っているのわかりますか?
    結構深いので、浮く胴衣の装着が義務付けられています。

    Wild Wadi 子供の遊び場
    水をふんだんに使った子供用の遊び場。
    この水量はすごい。

    そして、目玉は浮輪に乗って進むハーフパイプ!
    Wild Wadi ハーフパイプ
    これ、どっちに進んでいると思いますか?
    右の方に下がっていっていると思うでしょ?
    でも実は、向かって左に進んでいるんです。

    水流によって浮輪を押し上げているんですね。
    ちょっとお尻が痛いけど、面白い!

    園内ではアラブ特有の光景も。

    Wild Wadi アラブの水着
    これ、イスラム教の女性用水着です。
    肌をあらわにしてはいけない戒律を考慮したものですね。
    これを着てプールに入っている人、結構いました。

    Wild Wadi プールサイド
    プールサイドに陣取るアラブ衣装の女性たち。
    プールでこの黒ずくめはちょっと異様。。。

    加えて、園内から見える外の景色もドバイならでは。
    回りの壮大な建物が一望できます。

    Wild Wadi 景色1
    7つ星ホテル Burj Al Arab。

    Wild Wadi 景色2
    Jumeira Beach Hotel。

    「ドバイでプールなんて」となめていましたが、
    なかなかの充実ぶり。
    旅行中でも半日くらいなら十分楽しめると思います。

    噂によると、もう一つのAquaventureの方がさらに規模が
    大きいらしいので、またそっちにも行ってみたいと思います。

    注意)外から飲食物を持ち込めないので、ご注意を!
    (入口で預かられます。)

    お勧め度:B(時間があれば、楽しめる!)

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ