スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ドバイのナンバープレート事情1Top Page > ドバイお役立ち情報 > ドバイのナンバープレート事情1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    ドバイの車といえば、忘れてはいけないのが
    "ナンバープレート"。

    「は?ナンバープレート?」
    と思う人もいるかもしれませんが、
    ドバイではこのナンバープレート、要注目。

    ナンバープレートで、乗っている人の身分や
    お金持ち度がわかるんです。

    なんでそんなことがわかるかというと、
    ドバイでは、ナンバープレートがオークションに
    かけられる
    から。

    それも、その辺の適当なオークションでなく、
    ドバイ交通局による公的なオークション。

    落札額も半端な額じゃありません。

    例えば、去年の9月に行われたオークションで落札された
    「44」番のプレート。

    落札学は、2,300,000ディルハム。
    日本円にして、だいたい、5億7,500万円

    あ!?
    プレート1枚が5億円以上???

    これが、ドバイのお金持ちです。。。

    でも、上には上がいて、
    アブダビでは、
    2007年に「5」番が8億2,500万円
    2008年に「1」番が15億円

    この15億円が今のところ世界最高額のようです。
    (そりゃ、そうやろ!)

    車本体より、番号に億単位のお金をかけるアラブ人。。。
    他にまともな使い方はないのか。。。お前ら。。。

    ただ、この売上は全て慈善事業に寄付される、ということで、
    それはそれでいいことですね。
    お金持ちにはお金を吐き出してもらわないと。

    そんなドバイで車を走らせていると、
    周りの車のナンバープレートがついつい気になります。
    いいナンバープレートを見かけたりすると、思わず興奮!

    では、どんなのが「いいナンバープレート」か。
    具体的に例で見てみましょう。

    まず、これを見てください↓
    ドバイの高級車8
    ナンバーは、97375ですね。
    これは普通の5桁のナンバーです。

    ドバイでは、5桁のナンバーが普通です。
    (もちろんこれだって高級車ですが、
    今回はナンバーだけに注目してください。)

    続いてこれ↓
    ドバイのナンバープレート7
    ナンバーは、1035ですね。
    今度は4桁。
    特に1000番台ですから、富豪の可能性が高くなります。

    そしてこれ↓
    ドバイのナンバープレート2
    ナンバーは540です。3桁。
    もう間違いなく富豪です。

    いよいよこれ↓
    ドバイのナンバープレート1
    ナンバーは51です。2桁。
    もうこれは大富豪か政府筋でしょう。

    1桁の車の写真は撮ったことありませんが、
    ドバイ首長のシェイク・モハメドは7、
    ラマダン皇太子は1と9を持っているらしく、
    1桁になると王族筋が多くなるようです。

    注:
    ナンバーは必ずしも数字1つに1プレートではありません。
    日本で「あ」とか「わ」とかひらがな部分があるように、
    こちらでも"A"とか"I"とかアルファベット部分があるので、
    1でも、A1とI1があるはずです。



    と、ここまで桁数での違いを見てきましたが、
    ナンバープレートを見る楽しみは桁数だけではありませんよ。

    次の記事にて、もう少し深く突っ込んでみましょう。

    ドバイのナンバープレート事情2


    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報


    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ