スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ワールドカップ期間のドバイTop Page > ドバイお役立ち情報 > ワールドカップ期間のドバイ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    今、開催中のサッカーのワールドカップ。

    日本の敗退は本当にへこみました。
    ああいう負け方(守ってのPK戦)をするなら、
    PKになる前に、攻めて勝ちに行く姿勢を見せて
    ほしかった。。。

    日本は本当によく頑張ったと思いますが、
    最後の試合は選手交代も後手後手でしたし、
    リスクを取らずにずるずるPKまで行ってしまった
    気がします。

    本田が試合後に言った、
    「自分が日本人でもパラグアイ人でもなければ、
    この試合は見ない」
    という言葉がまさにその通りだと思います。

    4年後には、世界が見たいと思う試合を見せてほしいですね。

    さて、日本は負けてしまいましたが、
    このワールドカップ、開幕からドバイでも
    盛り上がっております。

    ドバイには、多種多様な人種がいますので、
    ワールドカップ期間中はドバイ中の色々な公共な場で
    全試合を放送。

    バーはもちろん、特設スタジアムが設けられたり、
    モールの映画館での上映なども行われています。

    ワールドカップ in ドバイ 2
    各地のバーにも、中継用のスクリーンが設置。

    ドバイモールでは、スケートリンク横の大スクリーンで
    全試合が中継され、大混雑になっていました。

    そんな中、グランドハイアットの特設テントに、
    日本人が集まっていると聞いたので、オランダ戦を
    見に行ってみました。

    ワールドカップ in ドバイ

    おー、日本人がいっぱい。
    なんか、テーブルの並びがビアガーデンを思い出させます

    テント内は、日本の応援ムード一色ですが、
    そんな中にもオレンジ色のオランダサポーターの一団も。

    これは「ニッポン!」コールが起こっているときの
    写真ですね。

    オランダサポーターも、初めは数で圧倒されて、
    ややたじろいでいる感じでしたが、
    終盤は彼らも「オーラン!」コールを始め出し、
    会場は「ニッポン!」「オーラン!」の応援合戦になっていました。

    結局、この日は0-1で日本の負け。
    川島のキャッチングミスと、岡崎の枠を外したシュートを
    ぶつぶつ言いながら帰りました。

    この日以外はここへは行きませんでしたが、
    カメルーン戦やデンマーク戦は盛り上がったでしょうねー。


    他にも、4,500人収容の特設会場が作られたり、
    ドバイでも想像していた以上のワールドカップの盛り上がりを
    見せています。

    ちなみに、今回は中東の国は出場できなかったので、
    アラブ人たちは、イスラム教の国で唯一出場のアルジェリアを
    応援していたようです。

    そういえば、中東の小国・カタール(日本では"ドーハの悲劇"で
    有名ですね)が、2022年のワールドカップ開催に名乗りを挙げて
    いて、今こちらではしきりに招致のCMが流れています。

    いやー、こんな暑いところでやらんでもいいやろ
    選手がかわいそうすぎる。。。
    昨年のクラブワールドカップの盛り上がらなさを見ていても、
    中東では無理だと思うけどなー。。。

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ