スポンサードリンク

Top Page > スポンサー広告 > ドバイの報道事情Top Page > ドバイお役立ち情報 > ドバイの報道事情
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク
    2010
    07
    06

    ドバイの報道事情

    先日、ドバイの新空港の話で新聞の写真を載せましたが、
    今回はそんな"ドバイの報道"について。

    ドバイにも、ちゃんと英語の新聞がありまして、
    日々のニュースを英語で読むことができます。

    主な新聞としては、
    "GULF NEWS""Al Khaleej Times"の2紙が有名。

    ドバイの世界一空港 新聞記事
    先日載せたこれも、GULF NEWSですね。

    GULF NEWSは、Webページもありまして、インターネットでも
    ニュースを見ることができます。

    ただ、このドバイの新聞、日本人の感覚からするとちょっと独特です。
    何が独特かというと、
    ①ドバイのお偉いさんを褒め称える記事が多い
    ②ドバイ経済の異様なポジティブ記事が多い
    ③ワイセツで逮捕された人の法廷関連記事が多い


    正直なところ、報道自体が偏っている感は否めません

    ドバイ新聞記事1
    今日の「UAEが貧困を救う海外基金に寄付した」という記事。
    一面に来る話かな。。。

    ちなみに、ドバイでは国や政府への批判は基本的にご法度です。
    それは地元のアラブ人のみならず、我々外国人も同じこと。

    昨年後半、こんなことがありました。

    アブダビの新聞の取材に対し、当時の日本総領事が、
    「日本の建設会社はドバイでの受注したプロジェクト工事に関し
    深刻な債務問題を抱えている」
    という内容の話をされました。
    あくまで、日本総領事として「有効的解決を望んでいる」という
    趣旨のコメントです。

    そのコメントに対し、GULF NEWSが噛みつきました。
    正確には記憶していませんが、
    「こういったドバイの国益を損ねるような発言をする領事館は
    許せない」といったような内容だったと思います。

    おそらく、その後の総領事への風当たりは厳しかったでしょう。

    そして、その直後に表面化したのが、世界を襲った
    例の「ドバイショック」です。

    ドバイ経済がそれだけ深刻な状況にあることよりも、
    ドバイを批判した、ということだけに目を向ける報道には、
    ちょっと危険を感じざるを得ません。

    その後も、世界がドバイショックに揺れる中、
    当のドバイの新聞には連日、「来年もドバイ経済は急成長する」と
    いった記事が踊っていました。。。

    そして、また半年後の今、同じようなことが起きようとしています。
    ドバイ新空港関連の債務不安の話

    オイルマネーがたっぷりあるアブダビがバックについても、
    常にどこか危うい感じがするのは、この国のこういうところですよね。


    ③のワイセツでの逮捕者の記事は、イスラム独特のものだと思います。
    ここまで注目しなくてもよいのに、と思うくらいしょっちゅう
    記事になっています。
    それだけイスラムの世界では重いことなのですね。


    こんな感じのドバイの報道。
    これもドバイの性質をよく表した一面だと思います。

    にほんブログ村 海外旅行
    にほんブログ村 中東情報

    スポンサードリンク


    この記事と同じテーマの最新記事


    スポンサードリンク

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    検索フォーム

     

    カテゴリ

    全記事一覧

    お知らせ

    ドバイの旅行情報
    トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

    ドバイ 旅行
    フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

    FC2カウンター

    プロフィール

    kentaro3787

    Author:kentaro3787
    たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
    「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

    S:一生に一度は行きたい
    A:訪れて損はなし
    B:この地域に来たら行きたい
    C:良いけど、省略可
    D:行かなくてもいいかな
    (まあ、基準は適当です。)

    時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    HTMHThHhさ