スポンサードリンク

Top Page > ドバイお役立ち情報 > ドバイの治安事情
2010
07
07

ドバイの治安事情

ドバイも、一時期のブームで日本人にも相当メジャーに
なりましたが、それでもまだ「治安は大丈夫?」なんてことを
聞かれることがあります。

なんせ、イラクと同じ中近東に属しているわけですから、
ドメスティックな日本人から見れば、そう思いますよね。

自分も何を隠そう、ドバイ駐在になったとき、本気で会社を
やめようかと考えたくらいです
(今や、ドバイ大好きっ子ですが。。。)

さて、今回はその「ドバイの治安」について。

実は、ドバイの治安は、めちゃくちゃ良いです。
個人的には、ある意味日本より良いと思います。

もちろん「日本より安心して暮らせる」ということではありません。
よくごまかされますし、傲慢なアラブ人もたくさんいます。

ただ、日本よりも「ヤバそうな場面」に出会うことがない気がします。

例えば、ケンカ。
ドバイでは、殴り合いはもちろん、つかみ合いのケンカをしている
場面も見たことがありません。せいぜい口ゲンカ。

夜、汚いワーカーに紛れて歩いていても、身の危険を感じることも
ほとんどないです。

なぜ、ドバイの治安はこんなに良いのか。
考えてみると、

①イスラム教の国であること(一応ね。。。)

イスラム教は1日5回のお祈りが義務付けられる厳格な宗教。
やはり常にアラーの神を意識している人たちですから、
小さな悪さはしても、本当に酷いことはしないのです。

ただ、「イスラム原理主義」の自爆テロがあったりするように、
神を信じすぎて、違った方向に突っ走ることはありますが、
物欲や性欲で大きな罪を犯したりすることはあまりありません。

とはいっても、ドバイにいるのはイスラム教の人間ばかりでは
ありません。
で、治安が良い理由として次に考えられるのが、

②労働者の厳しい現実

ドバイは、実に人口の80%が外国人労働者で構成されています。
(私も含めてですが)
ほとんどの労働者が「生活するため」「国の家族にお金を送るため」に
ドバイへ来て、そして働いています。

しかし、労働者が置かれた状況はかなり厳しいものがあります。
ドバイでは職のない人間は国内に留まれません。
クビにでもなろうものなら、1ヶ月以内に国へ強制送還されます。

万一、つまらないことで揉め事でも起こし、職を失おうものなら、
生活自体を失うことになるのです。
日本と比べても、悪事を働くことへのリスクが高すぎるのです。

さらに、職がない人は次々強制送還されるため、
UAE国内でホームレス化するようなこともありません。
「スラム」のようなものができない構造になっています。

そして、"治安"と言えば。。。

③警察が怖い

ドバイでは驚くほど頻繁にパトカーを見かけます。
警察官の多くが権力大好きなアラブ人。
彼らは外国人に対して、恩情をかけるようなことはありません。

ドバイの報道事情でも書きましたが、
ここはとにかくお上の権力は絶対の国。

何かのトラブルで警察のお世話にでもなろうものなら、
生活を失うどころか、人生を失うことにもなりかねません。

そして、最後に、これもイスラム教に関係するのですが、

④公共の場で酒が飲めない

やはり酒がない、というのは大きいと思います。
酔っ払いがいない、というのもありますが、
いわゆる「夜の危ない繁華街」みたいなのが繁栄しないのです。


こんな調子で、ドバイの治安は外国人がこれだけ入ってきても
それなりに守られています。
実際、上のように理由を考えてみると、
「ポジティブな治安の良さ」ではない気もしますが、
なんやかんやでうまい仕組みになっているなー、と思います。


とはいっても、日本人にとってはあくまで異国の地。
決して油断はできません。
特に、男性人口が圧倒的に多いので、
女性の場合はジロジロ見られたり、タクシーでセクハラを
受けたりすることもあります。

どうぞご注意あれ。

にほんブログ村 海外旅行
にほんブログ村 中東情報

スポンサードリンク


この記事と同じテーマの最新記事


スポンサードリンク

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 管理人のみ閲覧できます

    2013/12/04(Wed) 19:46- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

 

カテゴリ

全記事一覧

お知らせ

ドバイの旅行情報
トリップアドバイザーの おすすめブログとして推奨されました。

ドバイ 旅行
フォートラベルの おすすめブログとして推奨されました。

FC2カウンター

プロフィール

kentaro3787

Author:kentaro3787
たまたまドバイで働くことになった男の旅行記。
「感受性がない」とよく言われる自分が、冷めた目から各場所を”旅行的おすすめ度”S~Dで評価してみます。

S:一生に一度は行きたい
A:訪れて損はなし
B:この地域に来たら行きたい
C:良いけど、省略可
D:行かなくてもいいかな
(まあ、基準は適当です。)

時々、ドバイの近況も載せるのでのぞいてみてください。

HTMHThHhさ